このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

日立独自の新開発「スリムブロックLEDパネル」を搭載 “録画テレビ”の機能も◎

噂の新Woooは「S-LED」搭載 日立「L42-ZP05」を直撃レビュー

2010年09月21日 11時00分更新

文● 鳥居一豊、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高画質な液晶テレビを求める層にとって
「S-LED」搭載のZP05シリーズは見逃せない選択肢だ!

 最初にZP05シリーズの話を聞いたときは、まずは「S-LED」の構造の斬新さに関心を持ったのだが、実際に映像を見ても本機の高コントラスト性能は優秀なものだった。

 なにより暗部の再現をはじめとしてトータルでの画質には驚かされた。美髪を言い表したものに「髪はカラスの濡れ羽色」という表現があるが、光の加減で虹色に輝く、艶のある黒を再現できる液晶テレビは多くない。そうした黒の再現がしっかりできているからこそ、液晶の持ち味である明るく鮮やかな映像が一層際立っていると感じた。

 液晶テレビはLEDバックライトの搭載で新しいステージに進んだが、LED時代の高画質な液晶テレビのなかでも、「S-LED」搭載のZP05シリーズは革新的なモデルと言っていいと思う。テレビを買い換えようという人は年末に向けてかなり増えると思うが、「どうせ買うなら画質の良いテレビを」と考えているASCII.jp読者であれば絶対にチェックすべきモデルだと感じた。


L42-ZP05の発売は10月下旬を予定
期待しながらもう少しだけ待とう!

L37-ZP05

L37-ZP05(10月中旬発売予定)

L32-H05(B)

L32-H05(B)

 今回紹介した「L42-ZP05」は10月下旬の発売を予定している。ZP05シリーズにはもう37V型の「L37-ZP05」もあり、こちらは10月中旬発売予定だ。

 Woooは今回のZP05シリーズ以外にも多数のモデルがラインアップされている。ダブル録画やハイビジョン放送8倍録画、AVネットワーク機能などに加え、超解像技術「ピクセルマネージャー」を搭載するなど、機能面ではZP05シリーズとほぼ同等(HDD容量は320GB)の「XP05シリーズ」は、プラズマが50V/46V/42V型の3モデル、液晶は37V/32V型の2モデルで計5モデルが用意されている。

 「HP05シリーズ」はシングル録画タイプのスタンダードタイプでHDD容量は250GB。ただし、ハイビジョン放送8倍録画を始め、AVネットワークではZP05/XP05シリーズとの間で録画データの相互再生が可能なので、他のWoooと組み合わせるのにも適している。プラズマが42V型、液晶は32V/26V/22V型の計4モデル。

 「H05シリーズ」は録画機能は持たないが、AVネットワークのクライアント機能には対応。さらにチューナー分離型の「UT800シリーズ」もラインナップされている。

 なおここで紹介した製品はいずれも現行エコポイント制度の対象製品である(記事を公開した9月21日現在)。

*「ZP05/XP05シリーズ」ではアナログ放送の録画はできません
*画面はハメ込み合成です
*写真はイメージです

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中