このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あなたの知らないWindows第28回

「毎日使ってもらえるメール」を目指した新Hotmail

2010年06月03日 12時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回で解説したように、Windows Liveは2010年後半に、すべてのサービスがアップデートされる予定だ。今回は、先日情報が解禁された新しいHotmailに関して解説する。

Windows Live Wave4での新しい「Hotmail」の画面 Windows Live Wave4での新しい「Hotmail」の画面。Outlookのように、メールのプレビューが表示できる。なお、これらの画面はβ版であり、正式版では変更される可能性がある

使ってもらえるウェブメールに

 Hotmailと言えば、ウェブメールとしては老舗だが、どうも使い勝手が悪いという印象がある。GmailやYahoo Mailなどと比較すると、機能も乏しいし使い勝手も悪いから、タダで使える「捨てメール」アカウントとして使っているという人が多いだろう。筆者もそうだ。

 Hotmailは使いにくいだけでなく、スパムメールも多い。受信トレイに数百通とスパムメールが入っている状況を見ると、使いたいとは思えなくなる。やはり、受信トレイには必要なメールだけがあって、スパムメールや広告メールなどは、自動で削除したり、別のフォルダーにフィルタリングしてほしいものだ。

 Wave4のHotmailでは、このフィルター機能が強化されている。「未開封」やメッセンジャーなどに登録されている「知り合い」、SNSからの更新情報のメール、登録したグループに入っているユーザーからのメールなどを、ボタンひとつでフィルタリングしてくれる。

「知り合い」だけをフィルタリングして表示 ゴミ箱フォルダーから、登録されている「知り合い」だけをフィルタリングして表示した

 これにより、数万通もアーカイブされている受信トレイから、必要なメールを検索しなくても、ボタンひとつですぐに必要なメールにたどり着けるとうたっている。マイクロソフトの検索エンジンBingを使って、キーワードでメールを検索することも可能だ。

 もうひとつ便利なのが「クイック分類」機能だ。例えば、「ユーザーがフラグをつけたメールだけ」とか、「写真が添付されたメールだけ」「ドキュメントが添付されたメールだけ」といった条件を元に、ボタンひとつで該当するメールを探し出す。メールで添付ファイルを頻繁にやり取りする場合に、簡単に探し出せるのは非常に便利だ。

信頼されていない相手からの画像は表示されない 許可することで、画像が表示される
信頼されていない相手からの画像は、OutlookやWindows Mailと同じようにデフォルトでは表示されない許可することで、画像が表示される

 メールに添付されている写真は、Hotmail上でスライドショーのように表示できる機能が加わった(スライドショーにはSiliverlightが使われている)。Office文書は「Office Web Apps」を使い、閲覧したり、編集することも可能になる。

写真が並んで表示 スライドショーとして表示するにはSilverlightが必要
複数の写真が添付されたメールは、このように写真が並んで表示される写真をスライドショーとして表示するにはSilverlightが必要。下のサムネイルをクリックするだけで、インタラクティブに写真が表示可能
ウェブブラウザー上で表示や編集ができる 受信したOffice文書は、Office Web Appsを使ってウェブブラウザー上で表示や編集ができる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン