このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま旬のビジネスPC 第7回

高コストパフォーマンスを実現したモダンデザインThinkPad

Core i3搭載の「ThinkPad Edge 14”」を試す

2010年05月25日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モダンな本体デザインを採用したThinkPad Edge 14”

 レノボ・ジャパンのThinkPad Edgeシリーズは、ThinkPadから堅牢性と信頼性を受け継ぎながら高いコストパフォーマンスを実現したSOHO/中小企業向けシリーズだ。シリーズ全体の特徴として、モダンなデザインと、アイソレーションタイプのキーボードを採用している。

ThinkPad Edge 14”

 今年1月に初めて「ThinkPad Edge 13”」が登場し、今回「ThinkPad Edge 14”」「ThinkPad Edge 15”」がシリーズに加わった。

 Thinkpad Edge 13"からの大きな変更点は、AMDベースのプラットフォームからインテルベースへと変わったこと。選択できるCPUは、Celeron P4500(1.86GHz)、もしくはCore i3-330M(2.13GHz)となっている。

 また液晶サイズも13.3型から、ThinkPad Edge 14”では14型ワイドに、ThinkPad Edge 15”では15.5型ワイドになっている。ただ解像度は変わらず1366×768ドットで、そのほかのスペックもほぼ共通だ。

 今回は評価機としてThinkPad Edge 14”を試してみた。スペックはCPUにCore i3-M330(2.13GHz)、2GBのDDR3メモリー(PC3-8500)、そして320GBのHDDを搭載している。OSにはWindows 7 Professional 32bit版を採用しており、直販価格は執筆時点で7万980円だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事