このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

参加者88%の人が魂を揺さぶられた!?

Azure体験談が満載!Tech・Days基調講演

2010年02月24日 09時00分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“best of PDC”と銘打たれたマイクロソフトの技術者向けカンファレンス「Microsoft Tech・Days 2010」が、東京・お台場にて開催された。今さら言うまでもないが、今年は同社のクラウド環境「Windows Azure」が登場したターニングポイントだ。イベント冒頭のキーノートセッションは、今まで発表されてきたアーキテクチャの総ざらいといった趣で、今年1年間の変化を予感させるには十分な内容となっていた。

大場章弘氏

大場章弘氏

 冒頭壇上に立ち、司会を務めたのは昨日のWindows Azure国内提供開始の記者発表会(関連記事)にも表われた、マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長 大場章弘氏。大場氏は、「Windows Azure」、「Windows 7」、「Silverlight」、「Visual Studio」の4つのテーマを、この基調講演で紹介すると述べた。

米本社のテクニカルストラテジスト
スティーブ・マークス氏登場

スティーブ・マークス氏

スティーブ・マークス氏

 まず紹介されたのはWindows Azureだ。登壇したのは、マイクロソフト Windows Azure担当テクニカルストラテジスト スティーブ・マークス氏。大場氏は、米国にてマークス氏のデモンストレーションを見て、是非とも、とTech・Days 2010に招聘したのだそうだ。

 マークス氏はまず、Windows Azureのテクニカルプレビュー提供時から非常に多くのフィードバックを受け、それがWindows Azureを進化させてきた点に触れ、謝辞を述べた。続いて現在のWindows Azureのプログラミングモデルについて、どのように進化してきたかを語った。

 Windows Azureの登場当時は、フロントエンドの処理を行なうWeb Roleと、バックエンドの処理を行なうWorker Roleが、ストレージキューを介した非同期のコミュニケーションを行なっていた。しかし現在では、複数のロールを使用できるほか、Role間がキューを介して、もしくはTCPを介して同期/非同期にかかわらず通信することが可能となっている。また、Worker Roleが直接インターネットから受信することも可能となった。これによって、「皆さんが考えているどのようなアーキテクチャも実現可能可能となった」とマークス氏は述べる。

テクノロジープレビュー時(左)と、現在(右)のWindows Azureのプログラミングモデル

 なお、マークス氏はプレス向けのQ&Aセッションも開催しており、その模様は後日お伝えする。

次ページ「より詳細に 体験者が語る Windows Azure」に続く

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ