このページの本文へ

Cloud Platform Suite

NEC、クラウドパッケージ「Cloud Platform Suite」発表

2010年01月22日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Cloud Platform Suite
Cloud Platform Suiteの3製品。左から、「エンタープライズパッケージ」、「スタンダードパッケージ」、「データセンターパッケージ」

 NECが、ワンパッケージになったクラウド環境「Cloud Platform Suite」を発表した。同製品は、NECのサーバーやストレージ、スイッチ、基盤技術、運用ツールなどといった既存の製品群とサービスによって構成される。サーバーにはExpress5800シリーズ、ストレージは、iStorageシリーズ、ネットワーク機器はUNIVERGEシリーズを採用し、これらを統合プラットフォーム管理ソフト「WebSAM SigmaSystemCenter」によって管理する。

 製品ラインナップは用途によって3つ用意されている。各ラインナップの内容は以下の通り。

スタンダードパッケージ
871万円からの中堅企業向けエントリーパッケージ。サーバー1台から最大4台までの構成となる。本日発表となった軽量ブレードサーバー「Express5800/B120b-Lw」(Express5800/SIGMABLADEをベースとし、Express5800/B120aから約30%軽量化した)に、同じく本日発表となったNASブレード新製品「iStorage NS500Ba」を搭載。AC100V電源にも対応する。出荷開始時期は2月下旬。
エンタープライズパッケージ
3880万円から。サーバーは4台から最大16台構成。企業や官公庁でプライベートクラウドを構築するための製品。サーバーやネットワークは「Express5800/SIGMABLADE」を、ストレージは「iStorage D3」にて構成される。出荷開始時期は4月以降。
データセンターパッケージ
2億5000万円から。サーバー40台で構成される。大規模クラウド基盤構築のための製品。クラウド型のサービス提供を検討している通信事業者の局舎設置も想定されている。サーバーは「Express5800/ECO CENTER」、ネットワーク機器は「UNIVERGE IP8800シリーズ」を採用。直流受電(DC-48V)にも対応する。出荷開始時期は2月下旬。


 こうしたハードウェア群を統合管理するのは、上記したWebSAM SigmaSystemCenterのほか、システム性能分析の「WebSAM Invariant Analyzer」がある。WebSAM SigmaSystemCenterでは、物理リソースや仮想環境の運用管理自動化/自律化を行なうほか、仮想環境のテンプレートから、クリックするだけで仮想マシンを生成できるGUIを提供する。WebSAM Invariant Analyzerでは、エラーメッセージとしては表われない“サイレントエラー”検知や障害解析迅速化を可能にするとしている。

 クラウド環境のワンパッケージ製品といえば、日本IBMのIBM CloudBurst(関連記事1関連記事2)が記憶に新しいが、IBM CloudBurstが1900万円~の価格設定なのに対し、Cloud Platform Suiteは最低価格1000万円未満から、最高価格2億5000万円以上までと、筐体も全く別(IBM CloudBurstは同じ筐体にインストールするブレードやストレージユニットの数で価格体系を分けている)であるところが特徴だ。

 今後Cloud Platform Suiteは、業務アプリケーションとの連携に力を入れていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ