このページの本文へ

NECのクラウド共通基盤パッケージに新製品追加

仮想マシン100台程度に最適な「Cloud Platform Suite」登場

2012年08月31日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月30日、NECはクラウド共通基盤パッケージ「Cloud Platform Suite」において、中規模の仮想化基盤構築向けの新製品「Cloud Platform Suite スタンダードパッケージR2」を発売すると発表した。

仮想マシン100台程度までの中規模な仮想化基盤構築に適した「Cloud Platform Suite スタンダードパッケージR2」

 Cloud Platform Suite スタンダードパッケージR2はクラウド共通基盤構築のセット製品で、

  • 事前に設計・検証を実施した製品(サーバー、ストレージなどのハードウェアとOS、仮想化ソフトなどのソフトウェア)
  • この製品を用いた初期構築
  • 説明書や運用ガイドラインなどのドキュメント

をまとめて提供。増設が必要な場合でも、増設ユニット(ブレードサーバー、ストレージ等)を追加するだけでシステムを拡張可能となっている。

 また、これまで大規模仮想化基盤向け製品で導入していたリソースプーリングの思想をベースに設計しており、システムユーザーはサーバーやストレージ、OSなどのITリソースを必要に応じて利用できる。

 同社では、仮想マシン100台程度までの中規模な仮想化基盤構築に適しており、柔軟な拡張性をもつクラウド共通基盤構築を短期間で実現できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ