このページの本文へ

Satera MF8450に弟分

ドラム一体トナーで小型&低価格化 キヤノン、A4カラーMFP 4製品

2009年08月26日 13時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ページプリンター市場は、国内ではA3機、海外はA4機が人気と言われていたが、昨今の経済不況から印刷機会が多く導入コストが低いA4機のほうに国内でも買い替え需要がシフトしているようだ。キヤノンが9月17日に発売するカラーページ複合機「Satera MF8350Cdn」「MF8330Cdn」「MF8050cn」「MF8030cn」も、小型A4機の4製品となっている。

Satera MF8350Cdn

4機種中で最上位の「Satera MF8350Cdn」。写真はオプションの増設カセット付き。MF83x0Cdnの上位2機種は両面印刷対応だが、スキャナー部のADFは片面のみ読み込みとなる

 同社のA4カラーMFPには、2008年発表の最上位モデル「Satera MF8450」(関連記事)があるがこちらは併売され、今回発表の4製品はこの下位機種にあたる。カラー/モノクロともに毎分20枚の高速エンジン(MF8300シリーズ)と、カラー8枚/モノクロ12枚の標準モデル(MF8000シリーズ)、ファクス内蔵の有無(MF8x50がファクスあり)が各機種の違い。想定実売価格はファクス内蔵&毎分20枚の「MF8350Cdn」でも10万円を切る9万5000円程度、最下位機種「MF8030Cn」では7万円弱となっている。

 MF8450と比べると、幅430mm(MF8450は546mm)、高さ428.5mmもしくは478.5mm(同527mm)と、一回りコンパクトになっている。前面給排紙に加えて、新開発のドラム一体型トナーカートリッジを採用しており、交換などのメンテナンスも容易になっている。ただし操作パネルは、MF8450のカラー液晶ではなく、5行漢字表示(アイコンによるアニメ表示も可能)のモノクロ液晶になっている。また、消費電力もMF8450より改善され、スリープ時で3W(MF8450は15W)と省エネ設計になった。

Satera MF8350Cdn

カラー/モノクロとも毎分20枚でファクスを省略した低価格高速機「Satera MF8330Cdn」。予想実売価格は8万5000円程度

カラー毎分8枚/モノクロ12枚のファクス付き複合機「Satera MF8050Cn」。こちらは約8万円となる

 複合機のスキャン機能が日常的には使われにくい、という現状を配慮して、ネットワーク経由で最大10ユーザーまで利用可能なスキャンユーティリティーソフト「MFToolBox」を同梱する(Windows Vista/XP/2000対応)。リモートPCからスキャン設定や開始、データ取り込みなどを行なえるようになった。MFP本体からUSBメモリーに保存する「Scan to USB」機能も備えるが、MFP単体でメールに添付してユーザーに送信する「Scan to Mail」機能は持たない。

 印刷時間はMF8000シリーズがカラー29.3秒(ファーストプリント)/モノクロ22.5秒(同)、MF8300シリーズはカラー16.2秒/モノクロ15.5秒。ランニングコストはカラー18.10円(MF8000)もしくは16.75円(MF8300)、モノクロ3.30円(MF8000)もしくは3.82円(MF8300)。トナーカートリッジはMF8000用が7600円(ブラック、税別)/7400円(CMY各色)、MF8300用が1万3000円(ブラック)/1万2500円(CMY各色)。MF8300用オプションとして増設給紙ユニット(1段250枚)が2万円で用意されている。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ