このページの本文へ

「なんちゃってジョブズ」のウラ話もございます

開発者が語る、DS-10 PLUSで何が出来る?

2009年07月01日 16時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

頭の体操的デュアルモード

佐野 じゃあデュアルモードから説明しましょう。デュアルモードには「デッキA」「デッキB」があって、それぞれ別のセッション1をロードできます。

―― それが「2台分」の意味ですね。

佐野 そうです。試しにDS-10に入っているデモ曲「DEMO1」をAに、「DEMO2」をBにロードして同時に鳴らしてみましょう。では本邦初公開!

ヨナオ わーっ、すごいすごい! AとBの切り替えで、DEMO1とDEMO2どちらも編集できるわけですね。

画面上の「A」の表示がDS-10 PLUSで追加されたボタン。下がデッキAに読み込まれたソングのシーケンス画面

同じく「デッキB」。このように1度に2つのセッションデータをロードして、A/Bボタンでトグル式に切り替える

佐野 AのソングでBのパターンも鳴るんですが、ただAとBのパターンは一対なんです。


―― デッキAがパターン1ならデッキBもパターン1。デッキAでパターン1、デッキBでパターン2のような組み合わせはできないということですね。

トラックミュートの画面

佐野 AとBでソングは独立していて、ソングAからデッキBのミュートもプログラムできるんです。だから片方のデッキのトラックを全てミュートすれば、32パターン相当になるということです。


―― かなりややこしい話ですが、DS-10ユーザーには面白いはずですね。従来どおりの6トラックで良ければ倍の32パターン、今まで通り16パターンでよければ倍の12トラックが使える。これは頭使いますね。

佐野 そうなんですよ、感覚じゃなくて、理屈で考えなければならないところはあります。

baker デッキAの再生中にデッキBにセッションを読み込むことはできないんですか?

佐野 それはできないです。最初にロードしないと。

(c)2009 KORG Inc. All rights reserved.
(c)2009 PROCYON STUDIO CO.,LTD. All rights reserved.
(c)2009 AQ INTERACTIVE INC.
Game Design, Game System and Game Engine by cavia inc. Synthesizer Design and Sound Engine by KORG Inc.



*1 楽曲データを保存する際の単位。16のパターン、音色設定、ソングのデータをひとまとまりにしたもの。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン