このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

WWDC 2009 総力レポート第8回

写真でわかる、iPhone OS 3.0新機能 WWDC 2009基調講演【中編】

2009年06月11日 16時00分更新

文● 宮本朱美、写真●伊藤有/週刊アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これが「3.0時代」のアプリだっ!

iPhone用ゲームメーカーの最大手のひとつゲームロフトは、車ゲームをデモ。iPhone OS 3.0のアプリ内課金を利用して、3つの車種などの追加コンテンツを1ドルで追加購入できる
エアストリップ・テクノロジーズ(AIRSTRIP TECHNOLOGIES)は、医療アプリをデモ。患者の状態をプッシュでお知らせ、ロケーションを取得、リアルタイムでモニター。医者が24時間患者の横にいなくても、iPhoneでいつでも状態を把握できる。医者不足を解決する助けに
スクロールモーション(ScrollMotion)は、電子書籍ビューアー「Iceberg」をデモ。100万冊以上の書籍を、アプリ内で追加購入できる。本のテキストをコピーしてメールに貼付けると、書籍名やページ数といった引用元情報が自動的に付加される
ガーミンと並ぶ最大手のGPS機器メーカー・トムトム(TomTom)は、iPhoneをカーナビにするアクセサリーとアプリをデモ。3Dナビゲーションや曲がり角を音声で知らせる機能を実装。iPhoneを車に取り付けるアクセサリーはただのホルダーではなく横向き表示も保持でき、ハンズフリー用のマイク、ラウド用スピーカー、カーステレオとしても使える。この夏に発売予定で、米国内用と、国際用を用意
ゲームメーカー・エヌジーモコ(ngmoco)が、新ゲーム「Star Defence」を発表。本日発売。5.99ドル。3.0対応の新機能を無料で追加する
化学実験アプリをデモしたパスコ(PASCO)。どのくらいの圧力をかけると風船が割れるかをリアルタイムに実験するアプリを披露。この秋発売予定
空いた時間にみんなで車を共同使用する「車シェア」は、北米とイギリスで流行しており、zipcarは、マップやGPSを駆使した車シェアアプリを発表。アプリ内のキーをクリックすると、借りた車の鍵が実際に開く
音楽アプリメーカーのLINE6とプラネットウェーブス(Planet WAVES)は、アンプのコントローラーアプリをデモ。iPhoneをアンプに接続してリモートコントロールしたり、チューニングをできる

 iPhone OS 3.0へのアップグレード価格は、iPhone 3Gと初代iPhoneでは無料で、iPod touchは9.95ドル。世界同時に6月17日にダウンロード開始する。iPhoneアプリの開発者は、本日からGM版をダウンロード可能で、3.0で動作確認したアプリしか公開できなくなることも発表した。


※後編はこちら


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中