このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

女子校生の上を行く! 携帯電話節約術第3回

ケータイの補償サービスに月数百円払う意味はある?

2009年05月25日 16時00分更新

文● 小林 誠/ゴーズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
連載ロゴ

 ケータイの販売方法が変更になって以降、「ケータイは長く使うもの」という意識がユーザーの間で強くなっているのではないだろうか。だが、ケータイを長く使うほど事故や故障といった事態に遭遇する可能性が高まる。

 以前ならそこで買い替えというのが一般的だったが、最近のケータイは価格も高く、安く修理したいという人も多いはず。ある携帯キャリアの広報も「ケータイを買い替える人よりも修理に出す人が増える傾向にある」と言う。

 そこで気になるのが、各キャリアが用意しているケータイ補償サービス。安心を買うために加入した人はもちろん、端末購入時になんとなく加入してしまった人も多いと思うが、果たしてそれだけの価値があるのか、サービスの内容を比較してみた。

ドコモ、auであれば
無料で受けられるサービスも一部ある

 下の表が各社のケータイ補償サービスの一覧だ。まずドコモとauには無料サービスがある。これは利用しないと損である

  NTTドコモ au ソフトバンク
  ドコモプレミアクラブ ドコモプレミアクラブ+ケータイ補償お届けサービス 安心ケータイサポートサービス 無料会員コース 安心ケータイサポートサービス あんしん保証パック
月額料金 無料 315円 無料 315円 498円
申し込み 必要 必要(端末購入から14日以内) 不要 必要(端末購入時) 必要(端末購入時)
補償期間(端末購入時から) 購入から3年 サービス契約中 ただし利用は1年に2回まで 購入から3年 購入から5年 サービス契約中 ただし3年以上の機種は電池パック切れも
保証対象の修理代 無料 外装以外は無料 外装交換は3150円
保証対象外の修理代(全損・水濡のぞく) 最大5250円 あらゆる故障時に1回5250円で交換品が届けられる 最大5250円 無料
全損・水濡の場合 購入から1年以内の場合、買替代金を割引 1万500円でリニューアル 5250円でリニューアル 5250円の負担。外装交換を含む場合は8400円。要買替時は会員価格で購入可

 そのドコモのプレミアクラブは申込が必要だが、プレミアクラブは補償サービス以外にも特典が豊富なので入会しておいて損はない。自分が入会しているかどうか忘れた人も「My docomo」にアクセスすることで確認できる。

ドコモプレミアクラブ ドコモプレミアムクラブは補償サービスの部分以外でも、ただ会員になっておくだけでも非会員の最低2倍(最大7倍)のポイントが付き、また端末購入から1年後には500ポイントで電池パックが交換できる特典もある。加入しない手はないのだ

 ドコモプレミアクラブの会員であっても、有料(月315円)の「ケータイ補償お届けサービス」に入ると、サービス内容はさらに充実する。故障時に電話で連絡することで、1~2日以内に代替機が届けられるので、ケータイを手放せないユーザーには利便性が高いだろう。

 ただし、有料のサービスについては、いずれのキャリアも端末の購入時または購入から一定期間の間でしか加入できない。端末を購入してから慌てて悩むのではなく、あらかじめ入るかどうかを考えておいたほうがいいだろう。

 なおauのユーザーの中でも「auプレミアメンバーズ」の会員(入会・月額無料)で、さらに「ロイヤルメンバーステージ」のDiamondメンバー(月2万円以上、もしくは家族で月5万円以上の利用を指定期間に1年続けたユーザー)は、有料サービスの「安心ケータイサポートサービス」が無料となる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン