このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道 第3回

ミニコンポ復権か、iPodを内蔵可能な「D-dock」

2009年04月24日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

洗練されたデザインにシビれた! パナソニックのコンパクトオーディオシステム「D-dock」

 この間ふと気づいたのだが、自宅のミニコンポをずいぶんと使っていない。自宅で音楽を聴かないわけではない。パソコンで再生して聴いているからだ。

 ミニコンポはちょっぴりフンパツして購入した製品で、パソコンにつながれたスピーカーから流れ出る音よりも音質はいいのだが、音楽CDを入れたり出したりするのが面倒で使わなくなってしまった。

 指先で選曲する便利さになれてしまった私にとって、CDの入れ替えは苦行だ。そんなことを考えていたとき、物欲が刺激されるコンパクトなオーディオシステムがパナソニックからリリースされた。

 「D-dock SC-HC4」(実売4万円前後)はスピーカー一体型のオーディオシステムで、CDプレーヤーとAM/FMラジオ機能はもちろん、iPodドックとSDメモリーカードスロットを備え、これらに保存された音楽も再生できる。


iPodスピーカーとは一線を画すデザイン

手前が「D-dock SC-HC4」、奥は下位モデルの「D-dock SC-HC3」

手前が「D-dock SC-HC4」、奥は下位モデルの「D-dock SC-HC3」。HC-4とHC-3の違いはSDメモリーカードスロットの有無のみだ

 なにより惹かれたのは、そのデザイン――特に薄さだ。本体サイズは幅500×奥行き102.5×高さ195mmだが、奥行きのもっとも薄い部分は69mmに抑えられている! 

本体側面

本体側面。壁に寄せて設置すると部屋の雰囲気もいい感じになる

 機能的に本機のライバルとなるのは、実売価格で3~5万円台のiPodスピーカーだろう。それらの製品に対するD-dock SC-HC4のアドバンテージは、このコンパクトかつ非常にスッキリとしたデザインだと思う。

 多くのiPodスピーカーは薄型であってもスピーカーであることを強烈に主張していて、いざ部屋に置くと部屋の雰囲気と合わないものが少なくない。こうした中で、AV機器であることを忘れさせる、こざっぱりとした本機のデザインは際立っている。

 真正面から見るとオーディオシステムとは思えないほどシンプルなデザインだが、スライド式のドアがヘアライン仕上げになっているなど、細部にもしっかりとこだわりが伺える。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画