このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

フルHD動画撮影機能だけじゃない!

エントリーデジイチ頂点の実力「EOS Kiss X3」

2009年04月08日 16時30分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大幅に感度アップ、驚異のISO 12800

 昨年のEOS 5D MarkIIで最高感度が「ISO 12800」と発表され、「そんな高感度どこで使うのか?」という話があったが、実際にはかなりの頻度で使う機会が多いと思われる。

 写真を撮ることを意識しないシーンが多い初心者や、カメラの知識の少ない人は特にそうだろう。どんなに暗くても写らないほうがおかしいと思うはずだ。プロや詳しい人ならそれなりの対処ができるだろうが、そうでない人にはただシャッターを押すだけしか仕方がないからだ。

 そんなシーンでも対応できるのがISO 12800だ。標準状態ではISO 100~3200までの設定しかできないが、感度拡張機能をオンにすることでISO 100~12800まで1段刻みで設定可能になる。なお、前述の高輝度優先機能をオンにしていると同機能は動作しない。


感度撮影サンプル

ISO100

ISO 100

ISO200

ISO 200

ISO400

ISO 400

ISO800

ISO 800

ISO 1600

ISO 3200

ISO 6400

ISO 12800

 感度が高くになるにつれてノイズが増えていくが、ISO 400まではほぼ気にならないレベル。800あたりから若干ノイズが出てくるが見比べなければそうそう気にはならないだろう。

 6400あたりでさすがに気にはなるが、まだ使えるレベルと言える。12800では割り切りが必要になるが、使えないレベルではない。さすがにシャドー部の描写は落ちるが、質感はそれなりに保っている。

 記録画素数が1510万画素と大きな点を考えれば、よほど大きくプリントするのでなければモニター上でも縮小して見るだろうから十分な画質ともいえる。大事なのは今まで撮れなかったシーンが撮れること。画質うんぬんよりも撮れることが大事だ。なお、Kiss X2ではISO 1600までの設定しかできないが、見比べてもノイズの差はほとんどわからない。


機能が増えても気軽さは変わらない

 高機能化すると使いにくくなることが多々あるが、EOS Kiss X3では使いやすさは変わらず高機能&高画質化している。

 撮影者に意識させない部分でカメラがカバーしてくれる機能が増え、誰でも高画質な写真を撮りやすくなった。

 最初は知識がなくてもカメラにまかせるまま撮っていれば問題なく、知識が増えるにつれカメラの機能を使いこなせるようになればよりキレイな写真が簡単に撮れるようになる。入門向けの印象が強いが、懐はかなり深いデジイチだ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン