このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

10年後に感謝される最新デジタル一眼選び 第4回

「カラーモード」で写真に味付けを!

2009年06月15日 18時00分更新

文● 周防克弥、撮影協力●クラーク記念高校秋葉原ITキャンパス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

カラーモードの設定で、写真に少し味付けをしてみる

 適切な撮影モードを選べば、満足のいく画像は撮れると思う。だが、わが子をより美しく、よりかっこよく撮りたいと思うのは当然。そこで使いこなしたいのが「カラーモード」だ。

 カラーモードはどんな撮影モードでも使える色調整用のツールだ。 キヤノンでは「ピクチャースタイル」、ニコンでは「ピクチャーコントロール」、ペンタックスは「カスタムイメージ」、オリンパスは「仕上がりモード」、パナソニックは「フィルムモード」と各社さまざまな名称がつかられている。ただ、内容的にはカラーバランスや彩度、シャープネスを一括で変更する機能だ。機種ごとにプリセットされているモードは違うが、大方の場合「鮮やか」「控え目」「標準」「人物」「風景」「モノクロ」あたりを選ぶことができる。


評価するデジタル一眼

キヤノン EOS Kiss X3

キヤノン EOS Kiss X3

ニコン D5000

ニコン D5000

ペンタックス K-m

ペンタックス K-m

オリンパス E-620

オリンパス E-620

パナソニック LUMIX DMC-GH1

パナソニック LUMIX DMC-GH1

 カラーモードはマニュアル露出やプログラム、絞り/シャッター優先オート時に使用することで、シーンモードと同じような効果の発色を得ることができる。またプリセットされている項目以外にも自分なりに設定を変えて保存することができるので、自分の好みの発色設定を作って呼び出すことも可能だ。

 撮影状況によってカラー設定の効果も変わってくるので、この設定が一番よいとかなんでもできるといった設定はない。撮影シーン毎に適切なカラー設定が選べるようになれば、今までよりも確実にいい写真が撮れるようになる。

 カラー設定は機種毎の特色とも言える部分で、その機種ならではの設定が多く見られる。今回のサンプルは代表的な部分でのカラー設定を変えてみた。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン