このページの本文へ

ヒートパイプ+全銅フィン+アルミヒートシンクを組み合わせたビデオカード用クーラー「AS-V1000」が登場

2006年11月16日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ANTAZONEというメーカーからヒートパイプ+全銅フィン+アルミヒートシンクを組み合わせたビデオカード用クーラー「AS-V1000」が発売となった。代理店はサイズとなる。

「AS-V1000」 「AS-V1000」
ANTAZONEというメーカーからヒートパイプ+全銅フィン+アルミヒートシンクを組み合わせたビデオカード用クーラー「AS-V1000」が発売に

 この製品は直径90mm×厚さ30mmの円形全銅フィンと100(L)×80(W)×13.5(H)mmのアルミ製ヒートシンクをヒートパイプで接続し冷却するというファンレス仕様のビデオカード用クーラーだ。対応GPUはNVIDIAがGF4/Ti/F5xxx/6600/6800/7600/7800/7900、ATIが9000/Xxxx系のもの。取り付けた際にはかなり大掛かりなものとなりそうでサイズには注意が必要そうだ。なおANTAZONEのウェブサイトには取り付けの様子が紹介されているので参考にするとよいだろう。価格はスリートップ2号店で3680円、クレバリー1号店で3963円、高速電脳とT-ZONE.PC DIY SHOPで3980円となっている。

「AS-V1000」 「AS-V1000」
対応GPUはNVIDIAがGF4/Ti/F5xxx/6600/6800/7600/7800/7900、ATIが9000/Xxxx系。直径90mm×厚さ30mmの円形全銅フィンと100(L)×80(W)×13.5(H)mmのアルミ製ヒートシンクをヒートパイプで接続し冷却するというファンレス仕様となる
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ