このページの本文へ

クロスフローファンで強力冷却!PCIブラケット固定型のビデオカード用クーラーがSytrinから近日発売!

2006年03月15日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Sytrinから、銅製ヒートパイプを2本搭載したアルミ製ヒートシンクをクロスフローファンで冷却するというビデオカード用クーラー「KuFormula VF1 Plus」が登場予定だ。ビデオカード用クーラーは数多くの製品が発売されているが、同製品は今までにないユニークな形状となっている。

KuFormula VF1 Plus KuFormula VF1 Plus
銅製ヒートパイプを2本搭載したアルミ製ヒートシンクをクロスフローファンで冷却するというビデオカード用クーラー「KuFormula VF1 Plus」。メーカーは以前エアコンPCケースを発売したSytrin

 この製品はnVIDIA GeForce 6600、6800LE/GT/Ultra、7800シリーズおよび、ATIのRADEONシリーズに対応するビデオカード用クーラー。クロスフローファンはPCIブラケットに固定して使う仕組みで、回転数はスイッチにより1550rpm(24dB)/2400rpm(28dB)/3150rpm(32db)の3段階で調節可能。一方の106×88×33mmとなるアルミ製ヒートシンクは銅製ヒートパイプを2本搭載、別途ビデオメモリ用のヒートシンクも付属している。
 ご覧のように、ビデオカード取り付け後はかなり巨大になる。そのため隣接するスロットは2、もしくは3スロット消費するので注意が必要だ。なお、クロスフローファン以外のファンも取り付け可能。今回紹介した「KuFormula VF1 Plus」のほか、クロスフローファンが付属しないモデル「KuFormula VF1」もラインナップされている。サンプルが入荷した高速電脳では、3月末の発売予定として予価が「KuFormula VF1 Plus」で4980円、「KuFormula VF1」で3979円となっている。

サイド 取り付けイメージ
取り付けイメージ。ビデオカード取り付け後はかなり巨大になる。そのため隣接するスロットは2、もしくは3スロット消費するので注意が必要だ
クロスフローファン クロスフローファン
クロスフローファンはPCIブラケットに固定して使う仕組みで、回転数はスイッチにより1550rpm(24dB)/2400rpm(28dB)/3150rpm(32db)の3段階で調節可能。また、通常のファンも取り付けることができる
対応表 メモリ用
ビデオカードの対応表。ATI/nVIDIAほとんどのビデオカードに対応し、取り付け金具も付属している別途ビデオメモリ用のヒートシンクも付属している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ