このページの本文へ

プロゲーマー“Fatal1ty”がコラボした製品がまたまた登場! 今度はゲーマー仕様のZalman製CPU/ビデオカード用クーラー!

2005年09月16日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Abit製マザーボードなどではお馴染みのプロゲーマー“Fatal1ty”ことJohnathan Wendel氏が開発に共同参加しているシリーズに、今度はCPUクーラーとビデオカード用クーラーが加わった。発売元はZalmanとなっている。

Johnathan Wendel
帰ってきたプロゲーマー“Fatal1ty”ことJohnathan Wendel氏。なんか以前Abitのパッケージに出ていた写真より大人の顔つきになっている……
Fatal1ty FS-V7
ビデオカード用クーラー「Fatal1ty FS-V7」。すでに販売中の全銅製の「VF700-Cu」や「VF700-Cu LED」をベースとしたモデルだ

 ベースとなっているのは、同社の人気商品となっているお椀状に広がったヒートシンクの中にファンを埋め込んだ形状が特徴の“CNPS7700”“VF700”シリーズ。発売された「Fatal1ty FS-C77」は、LGA 775、Socket 478/754/939/940対応のCPUクーラーだ。すでに発売されている全銅製の「CNPS7700-Cu」をベースにレッドLEDを新たに搭載。ファンの回転数も約2400rpm(「CNPS7700-Cu」は最高2000rpm)へと上げられている。当然ノイズレベルも32dBから約42.5dBへとなったが、ゲーマーたるもの多少の音よりもCPUの安定動作のほうが重要だ。販売しているのは高速電脳とドスパラ本店で7980円となっている。

Fatal1ty FS-C77 形状
「Fatal1ty FS-C77」は全銅製の「CNPS7700-Cu」をベースにレッドLEDを新たに搭載。ファンの回転数もアップお椀状に広がったヒートシンクの中にファンを埋め込んだ形状が特徴だ

 一方のビデオカード用クーラー「Fatal1ty FS-V7」も、すでに販売中の全銅製の「VF700-Cu」「VF700-Cu LED」をベースとしたモデル。例によってJohnathan Wendel氏が共同開発する製品によく搭載されるレッドLEDを追加し、ファンの回転数を上げたというもので、“Quiet Mode”で約2050rpm(約23.7dB)/“Performance Mode”で3500rpm(約36dB)となる。対応ビデオカードはATI/nVIDIAともにほとんどの製品に装着可能だ。価格はアークと高速電脳で4980円となっている。バックパネル部に排気ファンを搭載するなど、ただでさえ排熱を重視し、搭載ファンの多いAbit製“Fatal1ty”シリーズのマザーボードに今回の2製品を組み合わせたらどの程度の“音”がするのかかなり興味深いところ。一度、彼(Johnathan Wendel氏)のPCを見せてもらいたいものである。もっとも、見た目の派手さにこだわるユーザーにとっては注目の製品となるのは間違いないだろう。

ベース部 メモリ用
対応ビデオカードはATI/nVIDIAともにほとんど装着可能メモリ用のヒートシンクも付属している
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ