このページの本文へ

クロスフローファンで冷却するビデオカード用クーラー「KuFormula VF1 Plus」の販売が始まる!

2006年03月24日 23時44分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介した銅製ヒートパイプを2本搭載したアルミ製ヒートシンクをクロスフローファンで冷却するというSytrinのビデオカード用クーラー「KuFormula VF1 Plus」が発売された。

クロスフローファン
Sytrinのビデオカード用クーラー「KuFormula VF1」
クロスフローファン
上位モデル「KuFormula VF1 Plus」に同梱されているクロスフローファン

 この製品はnVIDIA GeForce 6600、6800LE/GT/Ultra、7800シリーズおよび、ATIのRADEONシリーズに対応するビデオカード用クーラー。クロスフローファンはPCIブラケットに固定して使う仕組みで、回転数はスイッチにより1550rpm(24dB)/2400rpm(28dB)/3150rpm(32db)の3段階で調節可能。一方の106×88×33mmとなるアルミ製ヒートシンクは銅製ヒートパイプを2本搭載、別途ビデオメモリ用のヒートシンクも付属している。詳しい性能はこちらの記事を参照してほしい。価格はフェイスで4770円、TWOTOP秋葉原本店で4780円、TSUKUMO eX.とツクモパソコン本店IIで4880円、アークで4960円、高速電脳で4980円。
 なお、クロスフローファンが付属しないモデル「KuFormula VF1」も同時に販売が開始されている。こちらの価格はテクノハウス東映で3680円、フェイスで3770円、高速電脳で3970円、TSUKUMO eX.とツクモパソコン本店IIとアークで3980円。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ