このページの本文へ

人気のZaward製ビデオカード用クーラーを標準装備!! ASUSTeKからオリジナルデザインの“GeForce 7800 GTX”搭載カードがデビュー!!

2005年12月22日 22時08分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから、Zaward製ビデオカード用クーラーを標準装備した“GeForce 7800 GTX”搭載のPCI Express x16対応ビデオカード「EN7800GTX/2DHTV/256M R2」が登場した。各社ともリファレンスデザイン中心の同GPU搭載カードにあって珍しいモデルといえそうだ。

EN7800GTX/2DHTV/256M R2
Zaward製ビデオカード用クーラーを標準装備した“GeForce 7800 GTX”搭載のPCI Express x16対応ビデオカード「EN7800GTX/2DHTV/256M R2」。ASUSTeKオリジナルデザインの製品だ

 この製品は人気のZaward製ビデオカード用クーラーを標準で装備するASUSTeKオリジナルデザインの“GeForce 7800 GTX”搭載カード。単体で購入したビデオカードに別売りのクーラーを取り付けるといった作業は初心者ユーザーにとっては難しく、またメーカー保証も受けられないといったリスクを負うことになるが、今回のようにあらかじめ取り付けられた状態での販売ではそのような心配はない。

パッケージ 排気口
改造するとメーカー保証も受けられないといったリスクを負うことになるが、今回のようにあらかじめ取り付けられた状態での販売ではそのような心配はないカード幅は2スロット仕様となってしまうが、このZaward製ビデオカード用クーラーは静音性にも定評があるというのもポイントとなりそう

 また、カード幅は2スロット仕様となってしまうが、このZaward製ビデオカード用クーラーは静音性にも定評があるというのもポイントとなりそう。ただツッコミ所がないわけではなく、写真のようにカード裏面のメモリチップにはヒートシンクの類は装着されておらず剥き出しの状態となっている。リファレンスデザインのカードはいわゆるメモリ用ヒートシンクが取り付けられており、また単体で販売されているZaward製ビデオカード用クーラー「ZAV02-NV5 Rev.3」にもカード背面に取り付けるメモリ用シンクが付属している。もっともZawardの「ZAV02-NV5 Rev.3」は、このメモリ用シンクがくせものなのだが、これについての解説および解決方法は以前紹介したこちらに詳しいので参照していただきたい。どちらにせよ、なんらかの熱対策は考えておいたほうがよさそうだ。
 主な仕様はコア/メモリクロックが430MHz/1200MHz。インターフェイスはデュアルDVIにTV-in/Out(HDTV対応)で搭載メモリはDDR3 256MBと標準的。価格は高速電脳で6万2800円、アークで6万5980円となっている。

カード裏面 スペック
カード裏面のメモリチップにはヒートシンクの類は装着されておらず剥き出しの状態となっている。ちなみにリファレンスデザインのカードにはメモリ用ヒートシンクが取り付けられている主なスペック。インターフェイスはデュアルDVIにTV-in/Out(HDTV対応)で搭載メモリはDDR3 256MBとなる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ