このページの本文へ

ロジクールからワイヤレスキーボードやマウスがセットになった新製品が3モデル発売に

2006年10月03日 22時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールからワイヤレスキーボードやマウスがセットになった新製品「EasyCall Desktop」「Cordless Desktop MX3200 Laser」「Cordless Desktop LX710 Laser」の3モデルが登場した。

3モデル 3モデル
ロジクールからワイヤレスキーボードやマウスがセットになった新製品「EasyCall Desktop」「Cordless Desktop MX3200 Laser」「Cordless Desktop LX710 Laser」の3モデルが発売

 「EasyCall Desktop」はワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、スピーカーホン、ヘッドセットがセットになったもの。キーボードは、キーピッチ19mmの日本語107キーで、インターネット&コミュニケーションキー(サーチ/メール/VoIP/VoIPステータス/トーク/コール中断/ダイヤル)や、メディアコントロールキー(メディア/シャッフル/ミュートほか)、システムキー(電池残量チェック/プログラム可能なホットキー)などを搭載。電源は単3形アルカリ乾電池×2本を利用し、約 15ヵ月の使用が可能だ。マウスは、レーザーセンサー方式を採用の製品で解像度は800dpi、ボタン数8個(ホイールボタンを含む)。電源は単3形アルカリ乾電池×2本を利用し、約6ヵ月の使用が可能。
 スピーカーホンは、全二重回線(Full-Duplex)対応で、独自のエコー除去技術“RightSoundテクノロジー”を搭載、音量調節/ミュート/受信/終了などのボタンも装備されている。ワイヤレスキーボード&マウスの受信機の機能を持つほか、ヘッドセット用のポートも用意されている。インターフェースはUSBで、ケーブル長は120cm。ヘッドセットは重量が60g、ケーブル長は140cmとなっている。価格はアークで1万3480円だ。

EasyCall Desktop EasyCall Desktop
「EasyCall Desktop」はワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、スピーカーホン、ヘッドセットがセットになった製品。全二重回線対応のスピーカーホンが付属するのが特徴だが、このスピーカーホン自体はUSB接続でワイヤレスではない

 「Cordless Desktop MX3200 Laser」はコードレスキーボード、レーザーコードレスマウス、USBレシーバーで構成されるセット。同社初のバクテリアやかびの広範囲にわたる繁殖を抑えるための米AgION Technologies社の“AgION”抗菌性化合物処理を施したのが特徴だ。キーボードは、日本語レイアウトの107キーで、キーピッチは19mm。中央には、時計や電池残量表示などを行なう液晶パネルを搭載。“ダイナミックサーチボタン”や“ダイナミックズームボタン”を備えるほか、タッチセンサー式のスライダーも用意されており、文書/ウェブページ/写真のスクロールや、ズームイン/アウトなどの直感的操作が行なえるという。また、アプリケーションを切り替えられる“ドックフリップボタン”も用意されており、Windows Vistaでは“Flip 3D”にも対応する予定。本体右手前には、“Skype”などのIP電話ソフトなど起動するための“コミュニケーションボタン”も用意されている。そのほか、メディアコントロールキー(メディア/プレイリスト/ボリューム/ミュート/録音ほか)、ナビゲーションキー(クルーズコントロール/チルトホイールほか)、システムキー(電卓/プログラム可能なホットキーほか)も搭載されている。電源は単3形アルカリ乾電池×4本を利用し、約9ヵ月の使用が可能。
 ソフトラバーグリップが採用されたマウスは、レーザー方式を採用し、解像度は800dpi。ボタン数は8個(ホイールボタンを含む)。電源は単3形アルカリ乾電池×2本を利用し、約9ヵ月の使用が可能だ。価格はアークで1万1550円だ。

Cordless Desktop MX3200 Laser Cordless Desktop MX3200 Laser
液晶搭載キーボードとレーザーコードレスマウスがセットになった「Cordless Desktop MX3200 Laser」。抗菌性化合物処理を施してあるのも特徴だ。機能豊富なボタン類やボタン数は8個のソフトラバーグリップが採用されたマウスがウリ

 「Cordless Desktop LX710 Laser」はコードレスキーボード、コードレスマウス、USBレシーバーのセット。キーボードは、日本語レイアウトの107キーで、キーピッチは19mm。インターネットキー(サーチ/メール/VoIP)や、メディアコントロールキー(メディア/シャッフル/ミュートほか)、ナビゲーションキー(ズーム/100%)、システムキー(電池残量チェック/プログラム可能なホットキー)などを装備。3段階で傾きを設定できる“チルトレッグ”も付けられている。電源は単3形アルカリ乾電池×2本を利用し、約15ヵ月の使用が可能だ。
 マウスは、レーザー方式を採用し、解像度は800dpi。ボタン数は5個(ホイールボタンを含む)。電源は単3形アルカリ乾電池×2本を利用し、約6ヵ月の使用が可能となる。価格はアークで7980円だ。

Cordless Desktop LX710 Laser Cordless Desktop LX710 Laser
「Cordless Desktop LX710 Laser」はコードレスキーボード、コードレスマウス、USBレシーバーのセット。インターネットキーや、メディアコントロールキー、ナビゲーションキー、システムキーなどを装備する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ