このページの本文へ

ようやく発売!独Cherry社“茶軸”仕様の「Majestouch Mini」がダイヤテック(FILCO)から!

2006年08月29日 23時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ダイヤテック(FILCO)から同社の人気キーボード「Majestouch」シリーズの新モデル「Majestouch Mini」が発売となった。ブラックカラーの日本語100キーボードで、かなあり/かななしの2モデルが用意されている。

Majestouch Mini
「Majestouch」シリーズの新モデル「Majestouch Mini」が発売。ブラックカラーの日本語100キーボードだ

 「Majestouch Mini」は、その名の通り通常の「Majestouch」よりも60mmほど幅が短くなったコンパクトモデルで全体のサイズは380(W)×138(D)×40(H)mm。キースイッチにはお馴染みの独Cherry社の“MX tactile feel”タイプ(キーピッチ/19mm、キーストローク/4mm±0.5mm)、通称“茶軸”を採用する。ケーブル長は180cmでインターフェイスはUSB(PS2変換付き)。もともと6月下旬の発売を予定していた製品で登場を待っていたユーザーもいるはず。「Majestouch」と並んで人気となりそうなキーボードだ。価格はフェイスで7970円、ツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.で8400円、クレバリー2号店で8688円、アークと高速電脳、T-ZONE.PC DIY SHOPで8980円となっている。

本体 短くなった
「Majestouch」よりも60mmほど幅が短くなったコンパクトモデルで全体のサイズは380(W)×138(D)×40(H)mmとなる
2モデル 茶軸
かなあり/かななしの2モデルが用意されているキースイッチにはお馴染みの独Cherry社の“MX tactile feel”タイプ(キーピッチ/19mm、キーストローク/4mm±0.5mm)、通称“茶軸”を採用
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ