このページの本文へ

あの話題の有機LED搭載のショートカットキー「Optimus mini three」がついに発売!

2006年09月13日 20時30分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 有機LEDを搭載した3ボタンのショートカットキー「Optimus mini three」がついに発売となった。こういった周辺機器では珍しくロシアのデザイン会社Art.Lebedev Studioが制作したもので、2005年に同社が発表したコンセプトモデルを製品化。待つこと1年、ようやくお目見えした格好だ。

Optimus mini three
有機LEDを搭載した3ボタンのショートカットキー「Optimus mini three」。リリース発表から待つこと1年。ようやく登場だ。ちなみにこれはOutlook Expressのショートカット画面
カラー
カラーはシルバーとブラックの2モデルとなっている
 

 写真を見てもらえばわかるとおり、32×32mmのキー部分に20×20mm、解像度96×96ドットの有機LEDを内蔵しているのが特徴だ。同社のウェブサイトからアプリケーションソフトをダウンロードしてインストールすることで、ソフトごとにショートカットを割り当てることやユーザーの環境に合わせてカスタマイズができる。またディスプレイには毎秒3コマでのアニメーション表示が可能なほか、システムモニタ情報や時刻なども表示できるとしている。本体サイズは116(W)×51.8(D)×18(H)mm、インターフェイスはUSBとなっており、対応OSはWindows XP/2003/2000/Me/98。同社によると、他のOSのソフトも今後リリース予定としている。カラーはシルバーとブラックの2モデルとなっており、価格はTWOTOP秋葉原本店で1万6780円で販売中だ。
 なお同社では、同様にキー部分に有機ELDを内蔵したフルキーボード「Optimus keyboard」もラインナップしているが、こちらの登場も待ち遠しいところだ。ただし3つのキーで1万6780円ということを考えると、いったいいくらになることやら……。

ショートカット作成画面 コンフィグ画面
制御用のアプリケーションは同社のウェブサイトからダウンロードする。この画面から3つのボタンに表示するアイコンや機能を選択する表示方向はケーブルに対して4方向に設定できる。キーボードの横に置く場合、縦方向に設置するのがベストだろう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ