このページの本文へ

センチュリー“ドライブドア”の新モデル「ドライブドア SATA BOX」が今日から店頭に!

2006年09月21日 23時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えしたセンチュリー製のSerial ATA HDDが4台搭載可能な外付けHDDケース「ドライブドア SATA BOX(型番:EX35S4SB)」が今日から店頭に並んでいる。

EX35S4SB EX35S4SB
今日から店頭に並んでいるセンチュリー製のSerial ATA HDDが4台搭載可能な外付けHDDケース「ドライブドア SATA BOX(型番:EX35S4SB)」

 「ドライブドア SATA BOX」は同社の外付けHDDケースの人気シリーズ“ドライブドア”の新モデル。既存のモデルにSerial ATA-IDE変換アダプタなどが付属することはあったが、純粋にSerial ATA HDDに対応するモデルは今回が初めてとなる。
 基本的な作りはIDE HDD対応モデルのそれを踏襲しており、150Wの内蔵電源やブルーLED付き80mm角背面ファン(1600rpm)などを装備。背面にはPCとの接続用に4ポートのeSATAを搭載しており、標準で2本のeSATAケーブルも付属している。なお、コンバインモードや電源連動機能などはサポートされていない。価格は、ドスパラアキバ店で1万4480円、クレバリー1号店と同インターネット館で1万4698円、高速電脳とT-ZONE.PC DIY SHOPで1万5800円となっている。

EX35S4SB EX35S4SB
4台のHDDをそれぞれ独立した形でも使用可能で、最大4台のPCで使うこともできる150Wの内蔵電源やブルーLED付き80mm角背面ファン(1600rpm)などを装備する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ