“nForce3 250”搭載でAGPのみをサポートするSocket AM2対応マザーボード「AM2NF3-VSTA」がASRockから!

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockからまたまた怪しいマザーボードが登場だ。チップセットに“nForce3 250”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「AM2NF3-VSTA」で、搭載チップセットの仕様上AGPのみのサポートとなる製品だ。

AM2NF3-VSTA AM2NF3-VSTA
チップセットに“nForce3 250”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「AM2NF3-VSTA」。利点はAGPスロットのネイティブサポートという点につきる

 “nForce3 250”といえば、今から2年前の2004年5月に登場したSocket 754用のAthlon 64用チップセット。旧世代のチップセットで新型CPUを動作させるというマザーボードはもはやASRockのお家芸となりつつあるが、今回の「AM2NF3-VSTA」もそのひとつといえる。
 “nForce3 250”採用で考えられる利点はAGPスロットのネイティブサポートという点につきる。いまだに新製品が続々と登場しているAGP対応ビデオカードだけに対応マザーボードも需要はあると同時に、既存のAGP対応カードを利用しているユーザーでもSocket AM2対応の新型CPUが使用可能となるわけだ。
 主な仕様は拡張スロットがAGP×1、PCI×5、DDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533)。8chサウンド(C-Media/CM6501)や100/10Base-TXイーサネット(Realtek/RTL8201CL)、Serial ATA×2(RAID 0/1/JBOD)、ATA133×2などをオンボード搭載している。今日から販売しているツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.では9780円となっている。

拡張スロット I/O部
続々と登場しているAGP対応ビデオカードだけに対応マザーボードも需要はあると同時に、既存のAGP対応カードを利用しているユーザーでもSocket AM2対応の新型CPUが使用可能となる 8chサウンド(C-Media/CM6501)や100/10Base-TXイーサネット(Realtek/RTL8201CL)、Serial ATA×2(RAID 0/1/JBOD)、ATA133×2などをオンボード搭載
【関連記事】
【取材協力】

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月