このページの本文へ

SiS系チップセット初となる安価なSocket AM2対応マザーボード「A33G」がPC CHIPSから

2006年08月05日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SiS系チップセット初となるSocket AM2対応マザーボード「A33G」がPC CHIPSから発売となった。搭載するのはVGA機能統合型の“SiS761GX”+“SiS965L”。販売しているアークでは価格8980円と安価な点が魅力だ。

A33G
SiS系チップセット初となるSocket AM2対応マザーボード「A33G」。VGA機能統合型の“SiS761GX”+“SiS965L”を搭載する

 マザーボード自体はOEMメーカーらしいシンプルな作り。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、CNR×1という構成でDDR2-800/667/533/400対応のメモリスロットは2本搭載。100/10Base-TXイーサネット(Boardcom/AC131)や6chサウンド(Realtek/ALC655)、Serial ATA×2などをオンボードする。SempronシリーズなどローエンドタイプのCPUと組み合わせるといった使い方がメインとなりそうだ。

A33G A33G
OEMメーカーらしいシンプルな作り。SempronシリーズなどローエンドタイプのCPUと組み合わせるといった使い方がメインとなりそうだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ