このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

変わろうとする音楽配信ビジネスの今日

変わろうとする音楽配信ビジネスの今日

2006年07月04日 10時55分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

変わろうとする音楽配信ビジネスの今日

ここでは、にわかに脚光を浴びている音楽配信サービスについて最近の動きをまとめて紹介する。2005年8月の“iPod&iTunes Music Store来日”によって一挙に定着した感のある音楽配信サービスだが、今年に入ってKDDI(株)と沖縄セルラー電話(株)の携帯電話ブランド“au”がパソコンとケータイの双方で聞ける&買える音楽配信サービス“LISMO(au LISTEN MOBILE SERVICE)”を1月に発表。(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモも楽曲の一部ではなく全体を聞ける“着うたフル”のサービスインや、WMA(Windows Media Audio)形式の再生に対応した端末「F902iS」を続けざまに発表するなど、音楽配信にさらに注力している。一気に激変が訪れた音楽配信業界を、今こそまとめてチェックしておこう。



音楽CDの購入枚数は減少するも
買い続けている読者が約半数、買わなくなった読者は約3割

 最初に6月3日から9日まで実施したASCII24読者アンケートで、音楽CD/DVDの購入に関する動向、および音楽配信サービスの利用動向などを聞いてみた。最初に、ここでは音楽CD/DVDの購入についてまとめていく。音楽CD/DVDの購入枚数について、月平均で聞いてみたところ、10枚以上買うという積極派は合計1%に止まり、3枚以上買うという人でも約8%とかなり少ないことが分かった。定期的に購入するわけではないが買い続けている、という読者が最も多く47.4%を占め、まったく買わなくなった読者も30.6%と少なくない。

現在、音楽CD/DVDを購入していますか? 以前に比べて買う枚数は増えましたか? 減りましたか?
Q:現在、音楽CD/DVDを購入していますか? 月に何枚くらい購入するか、最も近いものをお選びください。Q:音楽CD/DVDを買い続けている方にお尋ねします。以前に比べて買う枚数は増えましたか? 減りましたか? 例えば1年前と比べた結果でお選びください。

 では、その購入動向は1年前からどのように変化したか、と聞いてみたところ、“大幅に減った(半分以下になった)”が15.3%、“少し減った”も13.6%で約3割、“変わらない”と答えた方は36.7%で最も多いものの、“増えた”と答えた方は合わせても約5%程度に止まる。やはり音楽をCD/DVDの形で購入する機会は、ASCII24読者においてもかなり減っている現状が見て取れる。

音楽CD/DVDのレンタルについていかがですか?
Q:音楽CD/DVDのレンタルについていかがですか? 月に何枚くらいレンタルするか、最も近いものをお選びください。

 なお、パソコンユーザーの場合、レンタルCDを利用して自分の音楽ライブラリーを充実させているというユーザーも少なくないと思われるので、レンタルの利用動向についても聞いてみた。しかし、こちらも購入動向と大きな違いはなく、10枚以上借りる積極派は約5%に止まっていることが分かった。

以前に比べて借りる枚数は増えましたか? 減りましたか? インターネット経由のレンタルサービスを利用していますか?
Q:音楽CD/DVDのレンタルを続けている方にお尋ねします。以前に比べて借りる枚数は増えましたか? 減りましたか? 例えば1年前と比べた結果でお選びください。Q:インターネット経由のレンタルサービスを利用していますか?

 次ページでは引き続き、iTunesの利用率などASCII24ユーザーの音楽配信サービスの利用動向、および最近の音楽配信サービス関連ニュースをまとめて紹介する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン