このページの本文へ

クーラーマスターのお家芸!“波打つ”フロントパネルを採用するアルミ製ATXケース「CRISPO」が発売予定!今度は右開き左開きの両対応に!

2006年06月14日 23時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターから“波打つ”フロントパネルを採用するアルミ製ATXケース「CRISPO」が発売予定だ。蝶番を変えることにより、右開き左開きの両方で使用することができるというユニークな特徴もある。

CRISPO
クーラーマスターから6月15日に発売予定の“波打つ”フロントパネルを採用するアルミ製ATXケース「CRISPO」

 同社らしいアルミを強調した本体は、サイズ480(L)×205(W)×445(H)mm。これまたお得意の“波打つ”フロントパネルはワンタッチで取り外しが可能で、右開き左開きの両方で使用することができる。ケースを購入してから「扉は位置的にこっちに開いてくれるとなぁ」という思いをしたユーザーも少なくないはずで、意外にありがたいギミックといえそうだ。
 内部のフロント下部には、側面からアクセス可能な4基の3.5インチシャドウベイへの冷却も兼ねるブルーLED仕様の120mm角ファンを装備。別途リアにも120mm角ファンを搭載するほか、ドライブベイ数は5インチ×4、3.5インチ×2という構成。電源は非搭載となるが、背面には水冷チューブ用の穴を用意するなど細かい点にも配慮されている。発売は6月15日を予定しており、現在サンプル版を展示中の高速電脳では予価1万6800円。予約特典として送料無料となる。

フロントパネル 取り外しが可能
フロントパネルはワンタッチで取り外しが可能で、右開き左開きの両方で使用することができる。左側にもフロントパネル用の穴が用意されている
アクセスポート 内部
デザイン上、仕方なのないところだが好みの分かれるところ。今回もアクセスポートは天板部に設けられる内部の様子。の3.5インチシャドウベイは側面からアクセス可能。ドライブベイ数は5インチ×4、3.5インチ×2という構成だ
背面 ポップ
電源は非搭載となるが、背面には水冷チューブ用の穴を装備している発売は6月15日を予定しており、現在サンプル版を展示中の高速電脳では予価1万6800円。予約特典として送料無料に
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ