このページの本文へ

波打つフロントパネルのPCケース「VA3000 Tsunami Dream」がThermaltakeから

2004年06月09日 23時04分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クリアパネル仕様「VA3000SWA」 アルミ製フロントパネル
Thermaltake製PCケース「VA3000 Tsunami Dream」Thermaltake曰く、波打つフロントパネルは“津波(Tsunami)”をイメージしたものということのようだ

 Thermaltakeから、特徴的なデザインのPCケース「VA3000 Tsunami Dream」が登場した。
 写真を見て「これは…」と思う方も多いだろう。昨年6月に発売されて以来、今でも人気ケースとなっているクーラーマスター製のアルミケース「TAC-T01-E1J/EKJ(旧称:WAVE MASTER)」を強く連想させるデザインとなっているのだ。Thermaltake曰く、「VA3000 Tsunami Dream」の波打つフロントパネルは“津波(Tsunami)”をイメージしたものということのようだ。



Tsunami Dream フロント
名前の付け方も初代WAVE MASTERに似ているアルミ素材を使用しているのは、フロントパネルの部分のみ。筐体はスチール製となっている
フロントアクセスポート TAC-T01-E1J/EKJ(旧称:WAVE MASTER)
天板にフロントアクセスポートを設けるなどの類似点も多いこちらは今でも人気の「TAC-T01-E1J/EKJ(旧称:WAVE MASTER)」
内部 ロック可能
内部の構成は5インチベイが4、3.5インチベイが2、シャドウベイが5フロントパネルやサイドパネルが付属のキーによりロック可能

 ラインナップはサイドパネルがクリアのタイプと通常タイプの2種類。カラーリングは、それぞれシルバーとブラックが用意されている。アルミ素材を使用しているのは、フロントパネル部分のみ。筐体はスチール製となっており、このあたり前述の「TAC-T01-E1J/EKJ」とは異なっている。ただし、前面右側の婉曲部分の内側が青色LEDにより光るところや、天板にフロントアクセスポートを設けるなどの類似点も多い。

 内部の構成は5インチベイが4、3.5インチベイが2、シャドウベイが5となり、前面と背面に回転数2000rpmの12cm角ファンをそれぞれ1基(背面は青く光る)装備。サイドがクリアパネル仕様の「VA3000SWA(シルバー)」と「VA3000BWA(ブラック)」は、別途9cm角ファン(1800rpm)をそのサイドパネルに装備している。
 そのほか、フロントパネルやサイドパネルが付属のキーによりロック可能なほか、サイドパネルが外れた場合(あまり考えにくいが)に警告してくれる機能などサーバーケースなどで採用されているギミックも搭載している。価格は「TAC-T01-E1J/EKJ」よりも数千円安く設定されており、「VA3000SNA(シルバー)」と「VA3000BNA(ブラック)」がOVERTOPで1万8780円、高速電脳で1万8800円となっているほか、クリアパネル仕様の「VA3000SWA(シルバー)」と「VA3000BWA(ブラック)」が高速電脳で1万8800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ