このページの本文へ

3社が共同開発! AOpen製Pentium M対応マザー専用のCPUクーラーが発売に!

2005年08月18日 23時43分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenのPentium M対応マザーボード「i915Ga-HFS」「i915GMm-HFS」専用のCPUクーラー「KD-NIAOP915」が明日19日から発売される。販売ショップの高速電脳によると、長尾製作所とサーマルコンポーネント、そして高速電脳の共同企画製品ということだ。

例
実際に「KD-NIAOP915」をAOpen製Pentium M対応マザー「i915Ga-HFS」に取り付けたところ
パッケージ
製品にはシリコングリスとコア欠け防止パッドが付属。明日19日から発売される

 AOpen製のPentium M対応マザーボードには専用CPUクーラーが同梱されているが、この製品は「より冷却性能と静音性を追求した」(高速電脳)のが特徴の製品。本体は、回転数2000rpm(20dB以下)の70mm角(25mm厚)XINRUILIAN製ファンとサーマルコンポーネント製アルミシンクを長尾製作所のサイドプレートで接続するという構造になっている。マザーボードへの取り付けは、AOpen製マザーボード付属のバネネジおよびバックプレート使用する。そのほか、製品にはシリコングリスとコア欠け防止パッドが付属。価格は4980円となっている。

ファン ヒートシンク
回転数2000rpm(20dB以下)の70mm角(25mm厚)XINRUILIAN製ファン。サイドプレートは職人シリーズでお馴染みの長尾製作所が手がけているサーマルコンポーネントの特注品というアルミ製シンク
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ