このページの本文へ

Pentium M対応マザーボード初のATXモデル「i915Ga-HFS」がAOpenから発売!

2005年07月14日 22時27分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Pentium M対応マザーボードとしては初のATXフォームファクタとなる「i915Ga-HFS」がAOpenから登場した。チップセットには“i915G+ICH6”を採用。秋葉原の多数のショップで一斉に販売がスタートしている。

「i915Ga-HFS」
Pentium M対応マザーボードとしては初のATXフォームファクタとなるAOpen製「i915Ga-HFS」
ブロックデザイン
マニュアル記載のブロックデザイン図。搭載チップセットは、モバイル用の“i915GM+ICH6M”からデスクトップ用の“i915G+ICH6”に変更された

 この製品は、今年3月に発売された同社のMicro ATX対応Pentium Mマザー「i915GMm-HFS」のバリエーションモデルと言える。搭載チップセットは、モバイル用の“i915GM+ICH6M”からデスクトップ用の“i915G+ICH6”に変更されたものの、特徴はATXフォームファクタを採用したことで広がった拡張性といえそうだ。その拡張スロットはPCIが1本増えて、PCI Express x16、PCI Express x1、PCI×3という構成に。メモリはDDRのサポートがなくなりDDR2 DIMM×4(DDR2-533/4GBまで)という構成となった。
 オンボードインターフェイスはチップセット内蔵のVGAのほか、8chサウンド、デュアルギガビットイーサネット(Marvell製チップ/PCI Express接続)、IEEE1394、Serial ATA×4。PS/2端子が省かれ(別途ブラケットが付属)VGA/DVI/S-Video/コンポーネント端子/D端子など多様なディスプレイ出力が可能となっている特徴的なバックパネル部も「i915GMm-HFS」と同じだ。

拡張スロット バックパネル
特徴はやはりATXフォームファクタを採用したことで広がった拡張性といえそうPS/2端子が省かれ(別途ブラケットが付属)VGA/DVI/S-Video/コンポーネント端子/D端子など多様なディスプレイ出力が可能となっている特徴的なバックパネル部
ジャンパ 後継CPUについて
CPUのFSB設定ジャンパ(AUTO/FSB533)“後継CPU”を見越した予備ジャンパもあるという記載も見える

 付属のマニュアルによると「PCI Express x16対応ビデオカードを使用する際は、同スロット横のジャンパをすべて外す」と記載されているので注意が必要。また、CPUのFSB設定ジャンパ(AUTO/FSB533)には“後継CPU”を見越した予備ジャンパもあるようだ。価格は以下の表の通り。
 なお、販売ショップにひとつ高速電脳では、同マザー専用のCPUクーラー「KD-NIPAL915」を早ければ今週末から発売する予定。Micro ATXモデル「i915GMm-HFS」用として販売されている「KD-NIPAL479kit」(今回の「i915Ga-HFS」では使用不可)は静音性と冷却性で定評があっただけに注目だ。予価は5754円となっている。

PCI Express x16 ヘッダピン
PCI Express x16対応ビデオカードを使用する際は、同スロット横のジャンパをすべて外す必要があるCOM1/2やプリンター用のヘッダピンはあるが付属のブラケットはない
付属のCPUクーラー 専用クーラー
マザー付属のファンとヒートシンク。高速電脳によると回転数は約3400rpmくらいのようだMicro ATXモデル「i915GMm-HFS」用として販売されている「KD-NIPAL479kit」。マザーとセットで購入していくユーザーも多い
価格 ショップ
AOpen
「i915Ga-HFS」
\28,980 テクノハウス東映
パソコンハウス東映
T-ZONE.PC DIY SHOP
ZOA秋葉原本店
\29,799 ドスパラ本店
\29,800 高速電脳
BLESS秋葉原本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
\31,980 TWOTOP秋葉原本店
\34,440 USER'S SIDE本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ