このページの本文へ

MSIからPentium M対応のMicro ATXマザーが近日登場予定! サンプルが展示中!

2005年08月26日 23時47分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIからMicro ATXフォームファクタのSocket 479用マザーボード「915GMSPEEDSTER-FA4」が近日登場予定となっている。TSUKUMO eX.では現在サンプル版のデモ機を展示中だ。

Pentium M対応のMSI製マザーボード「915GMSPEEDSTER-FA4」のサンプル

 チップセットは“i915GM”+“ICH6M”を採用。FSBは533/400MHzをサポート。拡張スロットは、PCI Express x16×1、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリスロットを2本装備し、DDR2-533、もしくはDDR333メモリ(排他利用)を最大2GBまで搭載可能。Serial ATA IIポートを4つ搭載しているほか、デュアルギガビットイーサネット、8chサウンドなどがオンボードで搭載されている。インターフェイスはUSB 2.0×8、IEEE1394×2など。発売は8月末ごろの予定で、デモ機を展示しているTSUKUMO eX.は価格未定。高速電脳でも販売を予定しており、こちらは予価2万7000円としている。

デモ機 スペック表
TSUKUMO eX.でデモ機が稼動中。取材時はFFベンチが繰り返されていたデモ機近くに掲示されていたスペック表
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ