このページの本文へ

“i915GM”搭載のPentium M対応マザーがCommellから!今回もフォームファクタはMini-ITX

2005年05月20日 22時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenに続いて2製品目の“i915GM”搭載Pentium M対応マザーボードとなる「LV-673」がCommellから登場した。同社の製品らしく、今回もフォームファクタはMini-ITXとなっている。

「LV-673」
AOpenに続いて2製品目の“i915GM”搭載Pentium M対応マザーボードとなるCommell製「LV-673」
ボード裏面
ボード裏面にはPCカード(Type II)×1、CFカードスロット×1が。厚みが発生する分、一般的なMini-ITXケースでは使用することができない

 主な仕様は、チップセットにFSB533MHz版Pentium Mに対応する“i915GM”+“ICH6M”を採用。拡張スロットは、PCI Express x16×1、DDR2 DIMM×2(DDR2-533最大2GBまで)、Mini-PCI×1、PCカード(Type II/裏面)が1、CFカードスロット(裏面)が1という構成だ。またオンボードインターフェイスには2つのギガビットイーサネット(PCI Express接続のMarvell/8053)や8チャンネルサウンド、VGA、Serial ATAを2ポート。さらに基板上のヘッダピンに直接接続するタイプのコンポーネント出力対応ケーブル(ブラケットに固定するタイプではないために、取り回しには工夫が必要)と、TV出力用ブラケットが付属するのも特徴だ。
 なお、今回のように基板裏面にPCカードやCFカードスロットを装備したタイプでは、厚みが発生する分、一般的なMini-ITXケースでは使用することができないので注意が必要。販売しているのはテクノハウス東映で、価格は5万2800円となっている。
 ちなみに価格は未定ながら、同店のほか、アークや高速電脳では基板裏面にPCカードやCFカードスロットが無いモデルが近日中に入荷予定となっている。

PCI-Express ブラケット
Mini-ITXフォームファクタながら、最新のPCI-Express対応ビデオカードが使用できる点は嬉しいところオンボードインターフェイスは豊富。電源には付属の80WタイプのACアダプタを使用する。別途TV/コンポーネント出力も可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ