このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【フォトレポート】ショップ店員も注目の「i-RAM」展示! “ギガバイトエキスポin秋葉原2005”が開催!!

2005年06月25日 22時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

その他、気になるマザーボードも一挙展示!

GA-K8N51GMF-9 GA-8VT880P COMBO
Socket 939+Micro ATXという仕様にGeForce系VGAがオンボードするというマザー「GA-K8N51GMF-9」。Athlon 64 X2にも対応。発売されると人気となりそうな製品だAGPとPCI Express x16を両方装備。さらにメモリスロットもDDR+DDR2というコンボづくしのLGA775対応マザー「GA-8VT880P COMBO」。4画面同時出力もサポートする
GA-8I945P Dual Graphic GA-8I945G-MBX
“i945P”搭載で2枚のPCI Express x16対応ビデオカードが使用可能な「GA-8I945P Dual Graphic」“i945G”搭載のMicro BTXマザー「GA-8I945G-MBX」。発売は未定

Gigabyte初の水冷キット「3D Galaxy」は来月2万円前半で発売予定!

3D Galaxy ラジエータ
Gigabyte初の水冷キット「3D Galaxy」。ポンプ、タンクは一体型で水位を管理するセンサーが付く。アラームや色(赤く点滅など)で警告したあと、最終的には自動的にPCの電源をOFFにするという機能も。ヘッド部はSocket 478/LGA775/Socket 754/Socket 939に対応するケース背面に取り付けるラジエータ。ファンコントロール機能も搭載している

本格アルミ製PCケース「3D AURORA」、水冷キット「3D Galaxy」との組み合わせは抜群!

3D AURORA フロントパネル
本格アルミ製PCケース「3D AURORA」。ブラックとシルバーの2モデルが用意され7月中に発売予定。電源なしで約3万円ほどになるとのこと肉厚のアルミ製フロントパネルを開けたところ。下部には冷却ファンを装備する
文字を投影 デモ機
さらに底面には文字を投影するという工夫も。好みの文字に変更可能だ水冷キット「3D Galaxy」を搭載してデモ機。ポンプ、タンクは内部に装備可能で、ネジ留めできる

メンテナンス性に優れたPico BTX採用キューブ型ベアボーン

CB91 上部全体
「CB91」というPico BTX採用キューブ型ベアボーン。チップセットには“i915G”を採用メンテナンス性の高さがウリで、上部全体がロックを外すと開く。ネジ類を使用せずにドライブの装着が可能だ

「バトルフィールド2」のデモプレイが可能で一気にひとだかりが!

デモプレイ 推奨VGA
イベント会場では「バトルフィールド2」のデモプレイが可能なブースが設置。大画面でプレイの様子が映し出されると、道路を歩いていた人まで立ち止まって見学。人気ぶりをアピールしていた同社からは近日「バトルフィールド2」バンドルモデルのビデオカードが発売される予定。「意外に安いモデルで出しますよ」とのこと
【関連記事】
【取材協力】

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ