このページの本文へ

「バトルフィールド2 発売記念 ネットワーク対戦イベント」が本日開戦!!

2005年07月09日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、ドスパラ(株式会社サードウェーブ)主催のアキバイベント「バトルフィールド2 発売記念 ネットワーク対戦イベント」が“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”において開催された。日本語版発売前にはメディア対抗のイベントが行なわれたが、今回は一般参加者のみ。CPUやマザーボードなどの豪華商品をかけて、熱い戦いが繰り広げられた。

看板
ドスパラ主催のアキバイベント「バトルフィールド2 発売記念 ネットワーク対戦イベント」が“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”において開催された
計24台
会場となった“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”では、ずらりと計24台のPCが設置された

 このイベントは、7月7日に発売されたばかりの「バトルフィールド2 日本語版」(エレクトロニック・アーツ)がプリインストールされたドスパラ製のゲーム推奨パソコン「Galleria バトルフィールド2 推奨スペックモデル」を24台を用いて、来場者による12対12のチーム対戦を実施するというもの。13時から始まった“戦い”は15分1セットの2回戦で行われ、中には“女性兵士”の姿も見えた。
 初めの15分は見知らぬ人同士、操作に慣れない人も多数いたことから、みな黙々とプレーに集中。終わりと同時に「ふ~」とため息が漏れていたが、慣れてきた2回戦目となると会場のあちこちから声があがり出した。ひたすらスナイパーに徹する人、戦車や装甲車に飛び乗る人などプレイスタイルは様々。残り1分を切ると、少しでもポイントを稼ごうとするためか、最前線付近では敵味方入り乱れての大乱戦に突入するなど大いに盛り上がっていた。

ドスパラゲーム推奨パソコン Gigabyte製
ドスパラ製のゲーム推奨パソコン「Galleria バトルフィールド2 推奨スペックモデル」。Athlon 64-3200+搭載PCとPentium 4-540J搭載PCがそれぞれ12台ずつ用意されたマザー/ビデオカードはGigabyte製。マザーは「GA-8I945P Pro」と「GA-K8NF-9」。ビデオカードは「GV-NX66T128D」(GeForce 6600 GT)を使用していた
大型TV 真剣に戦う
大型TVにプレイの様子が映し出されていた。見学している人からは思わず「うめぇ~」との声も真剣に戦う参加者達

 ポイント上位者はやはりゲーム経験者となったが、参加者全体では「今回のプレイが初めて」という人も。「初めてやったが難しかった。でもおもしろいので、さっそく今日買って帰ります」という声も聞かれるなど、大いに興味を惹かれているようだった。
 なお、発売元のエレクトロニック・アーツによると「現時点でのメーカー在庫分はすべて出荷しました。よって現在流通しているものが切れると再入荷には少し時間がかかるかもしれません」とのこと。また、Gigabyteからは「GeForce 6600搭載の256MB版(GV-NX66256DP)にバンドルする予定。安くてお買い得のモデルになるはずです」という話も聞けた。ちなみに同タイトルは、現在アークで5980円、PC.CHAOSで6380円で販売中だ。

購入可 Pentium 4モデル
会場で使用されたPCは、なんと即購入可能。今回のイベントのために組まれたPCなので、ほとんど使用されてはいない。Athlon 64モデルが8万9800円Pentium 4モデルは9万9800円。構成をみればお分かりのように、いずれも超特価。興味のある人はドスパラ本店まで問い合わせて欲しいとのこと
当初、エレクトロニック・アーツの社名がエレクトリック・アーツとなっておりました。ここにお詫びし訂正いたします
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ