このページの本文へ

MSI版ミニ“COMPUTEX TAIPEI 2005”開催!? 謎のチップセットから“CrossFire”対応マザーまで国内初お披露目!!

2005年06月19日 02時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 18日ドスパラ秋葉原本店の店頭において、MSIによる新製品お披露目イベントが行なわれた。展示された製品は、未発売の注目アイテムばかり。週末ともあって常に人だかりができる人気ぶりだった。

ロボット
“COMPUTEX TAIPEI 2005”のために限定生産されたというBluetooth対応ロボット。意外に滑らかで軽快な動きを見せており、胸部にはしっかりとMSIの文字も見える。同社によると「もしかしたら秋頃売るかも……」とのこと
店頭
ドスパラ秋葉原本店の店頭。ただでえ混む休日と相まって、大盛況となっていた

 今回展示された製品は、いずれも先日開催された“COMPUTEX TAIPEI 2005”で出展されたものを中心とした国内お披露目会といった印象。とはいえ、実際に見ることができる貴重な場とあって、店頭にはたくさんの人が集まっていた。以下に、展示されていた製品を紹介する。

●「NX6800 Ultra DualCard」/「K8MM-V」+「Turion64」

NX6800 Ultra DualCard K8MM-V
搭載メモリGDDR3 512MBの“GeForce 6800 Ultra”を2基搭載したというクレイジーな「NX6800 Ultra DualCard」。しかもSLIにも対応している。残念ながら今のところ販売予定はないSocket 754対応マザー「K8MM-V」にTurion64を搭載してのデモ。同社では最新のAward BIOS v.1.2を使用することで、Turion64正式対応をうたっている。メジャーメーカーでは珍しい存在だ

●2インターフェイス搭載の「Geminium-VIII」

Geminium-VIII ブラケット部
AGP(下)とPCI Express(上)2つのインターフェイスを搭載する「Geminium-VIII」。“RADEON X800 Pro”を搭載していると記載されていたインターフェイスを反転させた場合、ブラケット部も同じく反転してしまうため、基板とブラケット部を切り離す仕組みに。ブラケットへの出力は専用ケーブルを使って接続する

●未発表チップセット搭載マザー「K8NMB-IL」

K8NMB-IL仕様 K8NMB-IL
Athlon64対応のMicro BTXマザーも展示されていたが、ポップには“某社製新型”と記載されているのみ。どうやら未発表のチップセットを搭載しているようだ。製品名は「K8NMB-IL」Socket 939、Athlon 64 X2対応ではもちろん初のMicro BTX。ただ、製品化の暁には、ぜひともMicro ATXで発売してほしいところ
2チップ ブラケット部
Athlon 64用チップセットでは珍しい2チップ構成となっているブラケット部にはアナログVGA出力を確認。Athlon 64 X2を使った小型PCが自作できる日も近いかもしれない

●“CrossFire”対応マザー「MS-7194」

MS-7194 拡張スロット
“CrossFire”対応マザー「MS-7194」。“ATI Radeon Xpress 200”を搭載するここにRADEONが2枚差し……RADEONユーザーにとっては想像しただけでも嬉しくなるのか、担当者には多数の質問が飛んでいた
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ