このページの本文へ

Socket 754でPCI Express x16装備のnForce 4搭載マザーがASUSTeKから!

2005年03月24日 23時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから、チップセットに“nForce 4-4X”を搭載するSocket 754対応マザーボード「K8N4-E Deluxe」が登場した。同様の仕様の製品としては、MSIから「K8N Neo3-F」が発売されている。

K8N4-E Deluxe
チップセットに“nForce 4-4X”を搭載するSocket 754対応マザーボード「K8N4-E Deluxe」
拡張スロット
Socket 754対応マザーボードとしては貴重なPCI Express x16スロットを搭載。PCI Express x1スロットは3本搭載するが1番スロットが電源コネクタとかなり近い

 同マザーボードの最大のウリは、やはり1世代前ののSocket 754対応でありながらPCI Express x16スロットを搭載するところだ。新たにAthlon 64またはSempronを導入するのであれば選択しにくい製品ではあるが、既存のSocket 754 CPUを流用しつつ最新ビデオカードを使いたいユーザーにとっては注目の製品といえる。
 拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI×3、DIMM×3(3GBまで)という構成。8チャンネルサウンドやギガビットイーサネット、IEEE1394に加えチップセットによるSerial ATAを4ポート(RAID対応)とSilicon Image製チップ“Sil3114”によるSerial ATAを4ポート(RAID対応)を搭載する。本日入荷を確認したのは高速電脳のみで価格は1万5800円。ただしすでに完売しており、次回入荷は4月になる見込みだ。

Serial ATA リヤパネル
“Deluxe”と付くだけあってオンボードインターフェイスは豊富に搭載するバックパネル部。SPDIFはコアキシャルとオプティカルを両方装備する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ