このページの本文へ

“nForce4-4X”を搭載したSocket 939対応Micro ATXマザーボードがGigabyteから発売

2005年06月29日 23時46分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteからチップセットに“nForce4-4X”を搭載したSocket 939対応Micro ATXマザーボード「GA-K8NMF-9」が登場した。“nForce 4”シリーズ搭載マザーとしてはFoxconn製「NF4K8MC-ERS」に続く2製品目となる。

「GA-K8NMF-9」
Socket 939+Micro ATXの“nForce 4”シリーズ搭載マザーとしては貴重な存在と言えそうな「GA-K8NMF-9」だが、採用チップセットはHyper Transportクロックが1600MHzとなる“nForce4-4X”となる
ブラケット
8chサウンド(Realtek/ALC850)や10/100BASE-TX対応イーサネット(Realtek/8201)、IEEE1394、Serial ATAなどを装備

 Micro ATXマザーとしては標準的な仕様で、拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2という構成。DIMMスロットは4本でPC3200(DDR400)DDR SDRAMが4GBまで搭載可能だ。またオンボードインターフェイスには8chサウンド(Realtek/ALC850)や10/100BASE-TX対応イーサネット(Realtek/8201)、IEEE1394、Serial ATAなどを装備する。
 Socket 939でMicro ATXフォームファクタの“nForce 4”シリーズ搭載マザーとしては貴重な存在と言えそうだが、採用チップセットはHyper Transportクロックが1600MHzとなる“nForce4-4X”(nForce4/Ultra/SLIは2000MHz)。最新のAthlon64 X2も搭載可能となるが、パフォーマンスを気にするユーザーはそのあたり注意が必要だろう。価格はTWOTOP秋葉原本店で1万2480円、Onenessで1万2800円となるほか、アークとドスパラ本店にも近日中に入荷予定となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ