このページの本文へ

何とISAスロット搭載のMini-ITXマザーがCommelから!

2004年09月15日 23時44分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 超小型のMini-ITXマザーでも、大抵PCIスロットの1本は備えているもの。だが何と、ISAスロットを搭載した製品が高速電脳に入荷している。Mini-ITXマザー、あるいは工業用マザーでお馴染みのCommel製「LV-650」だ。

「LV650」 ISAスロット
Commel製Mini-ITXマザー「LV-650」ボードが小型なだけに、大きく見えるISAスロット

 搭載するCPUはチップセット、グラフィックを統合したGeode GX1-300MHz。ISAスロットは小型のボードの下端に搭載されているが、さすがに奥行きぎりぎりに収まっている。DIMMスロットは1本で、256MB SDRAMまで対応。2ポートのIDEインターフェイス(Ultra ATA/33まで対応)、Type II対応のコンパクトフラッシュスロット1基を備え、Realtek製“ALC201A”チップによるサウンド機能、さらに同じくRealtek製“RTL8100”チップ2つによるデュアルの10/100BASE-TXイーサネットまでも搭載しているが、イーサネットポートのうち1つはさすがにバックパネル部には収まらず、同梱のブラケットを使用する形となっている。電源は同梱のACアダプタを使用するようになっており、価格は高速電脳で2万3940円。  

蟹×2 ACアダプタ
Realtek製“RTL8100”チップ2つによるデュアルの10/100BASE-TXイーサネットを搭載。ただしうち1ポートは同梱のブラケットで出す仕組み電源は同梱のACアダプタを使用
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ