このページの本文へ

“i915G”搭載でLGA775対応!最強のMini-ITXマザー「LV-672」がCommellから!!

2004年10月14日 19時54分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Commellから、LGA775に対応した初のMini-ITXマザーボード「LV-672」が登場した。Mini-ITX規格の製品としては、まさに最強モデルと呼ぶにふさわしいものとなっている。
 今までに販売されたMini-ITX規格のマザーボードの中でも、比較的最新の機能を持っていたのがIBASE Technologyの「MB870」だ。チップセットに、VGA機能統合型のATI“RS300M(Mobility IGP9180+IXP150)”を搭載する製品で、FSB800MHz版のPentium 4に対応するというもの。そんな中登場した今回の「LV-672」は、前述の「MB870」をはるかにしのぐ存在と言っても過言ではないだろう。

LV-672 ポップ
LGA775に対応した初のMini-ITXマザーボード「LV-672」がCommellから登場まさに最強モデルと呼ぶにふさわしいものとなっている
ICH6R周り 電源は24ピン
チップセットは、VGA機能統合型の“i915G+ICH6R”。“i82541”によるギガビットイーサネット2つには小型のヒートシンクを装備している電源は24ピン仕様。対応するCPUはLGA775版のPentium 4で、Pentium4 560(3.6GHz)まで搭載可能だ
マザー裏面 インターフェイス部
マザー裏面。Mini-PCIスロットを装備しているオンボードインターフェイスは従来のATXやMicro ATXのマザーと比較しても見劣りはしない豊富なものだ

 「LV-672」が採用するチップセットは、VGA機能統合型の“i915G+ICH6R”。対応するCPUはLGA775版のPentium 4で、Pentium4 560(3.6GHz)まで搭載可能だ。拡張スロットは、最新のPCI Express×16を1本と、DDR2対応のDIMMを2本、マザー裏面にMini-PCIスロットを装備。オンボードインターフェイスは、チップ統合のVGA機能や“ICH6R”によるSerial ATA RAIDが4ポート、6チャンネルサウンド、IEEE1394、さらには“i82541”によるギガビットイーサネットが2ポートというもの。拡張スロットがPCI Express×16が1本のみと、さすがにサイズゆえの制限があるものの、その他オンボードインターフェイスは従来のATXやMicro ATXのマザーと比較しても見劣りはしない。
 電源は24ピン仕様。付属品はマニュアルと専用バックパネル、IDEケーブル、Serial ATAケーブル(2本)、スリムタイプFDDケーブル、ドライバCD/FDDなどが付く。価格は高速電脳で4万8058円、T-ZONE.PC DIY SHOPで4万8800円と少々割高感はあるが、最強の最小PCを自作することも可能だろう。

付属品 パッケージ
付属品はマニュアルと専用バックパネル、IDEケーブル、Serial ATAケーブル(2本)、スリムタイプFDDケーブル、ドライバCD/FDDなどが付くパッケージはお馴染み?のダンボール製。代理店はアイティーシーだ
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ