このページの本文へ

アルミ筐体の重量級リニアアクションキーボードがFILCOから

2004年03月23日 21時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FKB91JUM
「FKB91JUM」。筐体はパームレスト一体のデザインだ

 昨年10月にFILCOから発売された、独Cherry製キースイッチを採用したコンパクトキーボード「FKB91JU」。その限定モデル「FKB91JUM」が発売された。新たにアルミ製の筐体を採用しており、重量は約2kg。手に持つとずっしりとした重みがある。



USBハブはありません パッケージ
「FKB91JU」で本体横に設けられていたUSBポートは省かれた限定版であるためか、パッケージはFILCOらしからぬ白箱だ

 サイズは344(W)×215(D)×30.5(H)mm。キーストロークは3.5±0.5mm、キーピッチ19mm。キースイッチ、キー配列など内部のメカ部分は元になった「FKB91JU」から変わっておらず、キー数は91でテンキーは省かれている。筐体は素材が変更されているほか、手前の部分が大きく延ばされパームレストとして機能するようになっている。インターフェイスはUSBのみ(ケーブル長1.5m)、「FKB91JU」に設けられていた本体側面のUSB1.1ポート2つが省略されている点は注意。価格は高速電脳で1万6800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ