このページの本文へ

ハードウェアエンコード、ゴーストリデューサ、Y/C分離回路搭載で低価格なTVチューナカードが予約開始!

2003年04月09日 23時04分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
予約開始
本体はなかなかコンパクト

 ハードウェアエンコードでゴーストリデューサ、Y/C分離回路を搭載しつつ低価格をうたうピクセラのTVチューナ/キャプチャカード「PIX-MPTV/P4W」の予約が開始された。

 日立製TVチューナ“PCF-J200AT”および富士通製エンコーダチップ“MB86393”という構成は先月中旬に発売された「PIX-MPTV/L1W」と同様で、新たに別基板上にNEC製チップを始めとするY/C分離、ゴーストリデューサを追加したもの。さすがにLow Profileサイズという訳にはいかなくなったが、カード全長はPCIエッジ分までと依然としてコンパクト。
 TVチューナ/キャプチャカードとしての基本部分は「PIX-MPTV/L1W」と同じであるため数字上のスペックは同一で、対応解像度とビットレートはMPEG1で352×240ドット/1~2Mbps。MPEG2で720×480、480×480、352×480ドット/3~15Mbps(可変ビットレート対応)。iPEGによる予約、タイムシフト再生にも対応。
 予約を開始したTSUKUMO eX.での予価は2万5799円となっており、高画質をうたうカードとしてはなかなかリーズナブル。発売は4月中旬と予定されている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ