このページの本文へ

初のIEEE1394接続TVチューナ/キャプチャボックス「GV-1394TV」予約開始!

2003年01月31日 23時09分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GV-1394TV

 初のIEEE1394接続外付けTVチューナ/キャプチャボックス、アイ・オー・データ機器「GV-1394TV」の予約がTSUKUMO eX.で開始された。



予約受付中

 IEEE1394ポートは4ピン、6ピンそれぞれ1つずつを装備しており、他のIEEE1394機器とのデイジーチェーンも可能。ハードウェアエンコードを採用し、AVI 1.0/2.0、MPEG1/2、WMVの各フォーマットに対応するが、MPEG1/2、WMVの場合はソフトウェアエンコードとなる。キャプチャ解像度はAVI 1.0/2.0の場合720×480ドット、iEPGによる予約にも対応。3D Y/C分離、3Dノイズリダクション、デジタルゴーストリデューサといった機能のほか、入力ビデオのレベルを自動調整するオートゲインコントロール、“黒浮き”“白飛び”を抑える画質補正機能を備える。同梱ソフトはビデオ編集ソフト「Ulead VideoStudio 6 SE」、DVDオーサリングソフト「Ulead DVD MovieWriter 2.0 SE with AC-3」、レタッチソフト「Ulead PhotoImpact 7 SE」、3Dタイトル作成ソフト「Ulead COOL3D 3 SE」、遠隔録画予約サービスソフト「reserMail」。
 TSUKUMO eX.での販売価格はまだ未定となっているが、メーカー標準価格は3万4800円。発売日は2月中旬が予定されている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ