このページの本文へ

PIXELAからTVチューナ搭載MPEG1/2対応キャプチャカード「CaptyTV/PCI for Win」が発売

2002年12月20日 23時20分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
型番:PIX-MPTV/P2W
CaptyTV/PCI for Win(型番:PIX-MPTV/P2W)」

 PIXELAから、TVチューナ搭載MPEG1/2対応キャプチャカード「CaptyTV/PCI for Win(型番:PIX-MPTV/P2W)」が発売された。同社から以前発売された「PIX-MPTV/P1W」の後継製品という位置づけで、新たにビデオ出力機能を搭載している。



ブラケット部 付属のソフトウェア
入力部にS-Video×1/ステレオミニジャック×1、新たに追加された出力部も同じくS-Video×1/ステレオミニジャック×1という構成タイムシフト再生、ネット上の番組表から録画予約ができるiEPG予約機能やMPEGデータの編集も可能
パッケージ
パッケージは白いシンプルなもの

 PIX-MPTV/P2Wは、ハードウェアエンコードによるMPEG1/2キャプチャに対応しており、エンコードチップはPIX-MPTV/P1WのGlobeSpan“iTVC15”から、CONEXANT“CX23415”に変更された。CX23415はiTVC15同様にDNR(デジタルノイズリダクション)を搭載する。キャプチャ可能な解像度は、720×480/640×480/480×480/352×480/352×240/320×240、ビットレートはMPEG2で1~12Mbps、MPEG1で0.5~2Mbpsの間で設定が可能で、オーディオ圧縮はMPEG Audio Layer2となる。また、チューナー部は受信可能チャンネルがVHF/UHFの他、一部のCATVになり、音声多重/ステレオ放送に対応している。搭載インターフェイスは、入力部にS-Video×1/ステレオミニジャック×1、新たに追加された出力部も同じくS-Video×1/ステレオミニジャック×1という構成で、S-Video端子はどちらも付属のケーブルによりコンポジット端子に変換可能だ。その他付属のソフトウェアにより、タイムシフト再生、ネット上の番組表から録画予約ができるiEPG予約機能やMPEGデータの編集も可能。対応OSはWindows98 SE/Me/2000/XP日本語版となっている。価格は高速電脳で2万5800円、クレバリー1号店で2万6980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ