このページの本文へ

カノープスから「MTV1200HX」に続きソフトウェアエンコードモデル「MTV800」が発売

2002年12月04日 23時09分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MTV800」
「MTV800」

 先日発売となったカノープスの人気ビデオキャプチャカード「MTVシリーズ」最新モデル「MTV1200HX」 に続き、新たに「MTV800」が発売となった。先に発売されているMTV1200HXがハードウェア エンコードチップを搭載しているのに対し、今回のMTV800ではソフトウェアによるエンコードのみ となっている。



青い
「MTV800」は青いパッケージ
ブラケット
ビデオ入力×1/ステレオミニジャックオーディオ出力×1と、 ステレオピンジャックオーディオ入力

 主なスペックは、キャプチャ機能がソフトウェアエンコードによるMPEG1/2に対応、キャプチャ可能な サイズは720x480/640x480/320x480/320x240となっている。また、チューナー部は VHF/UHF(13-62)/CATVに対応し、付属ソフトによりタイムシフト再生や、iモードなどによる リモート録画サービス「iCommand」も利用可能だ。 ブラケットのインターフェイス構成は、ビデオ入力×1/ステレオミニジャックオーディオ出力×1と、 ステレオピンジャックオーディオ入力となり、付属品にはS-video/コンポジット変換ケーブル 、 内部接続オーディオケーブルが付く。対応OSはWindows2000/XPとなっており、必要スペックは ソフトウェアエンコードになったことにより、CPUがMTV1200HXのPentium II 300MHz以上に対し MTV800HXはPentium III 600MHz以上、HDDインターフェースもUltra ATA 66以上となっている。



12月4日現在の価格情報

価格 ショップ
MTV1200HX
\36,700 フェイス
\36,800 高速電脳
スーパーコムサテライト
\36,980 アーク
\37,580 コムサテライト2号店
\37,905 コムサテライト3号店
\37,950 OVERTOP
\39,799 TSUKUMO eX.
\39,800 T-ZONE.AKIBA PLACE
MTV800
\19,700 フェイス
\19,800 アーク
\19,980 クレバリー1号店
\20,380 コムサテライト2号店
\21,480 DOS/Vパラダイス2号店
\21,799 TSUKUMO eX.
「MTV1200HX」
昨日発売となった「MTV1200HX」

 ところで、カノープスからはMTV800にハードウェアエンコーダチップとゴーストリデューサを増設する ための「GME500」も近日中に発売される予定になっている。GME500は、MTV800の基板に取り付けて利用 する専用カードで、ゴーストリデューサにはMTV2000やMTV2200SXで採用されている 「10Tap デジタルゴーストリデューサー」を搭載している。こちらも近々登場予定とのこと。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ