このページの本文へ

玄人志向から低価格Low Plofile対応TVチューナ/キャプチャカードが発売

2003年03月27日 22時16分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ 本体
「SAA7130-STVLP」。以外だが玄人志向では初のLow Plofile対応TVチューナ/キャプチャカード

 玄人志向から、TVチューナ/キャプチャカード「SAA7130-STVLP」が発売された。本体は台湾Kworld製で、ソフトウェアエンコードを採用。「PowerVCR II」「VideoStudio6 SE+DVD」という2本のソフトが付属し、価格はOVERTOPで5953円、スーパーコムとコムサテライト3号店で5980円。同梱ソフトを考えるとなかなか低価格といえよう。



デコーダチップ インターフェイス部
ソフト2種付属 同梱ソフト
デコーダチップはPhilips製“SAA7130”。「PowerVCR II」「VideoStudio6 SE+DVD」が同梱と値段を考えればお買い得?

 Low Plofile PCI対応となっているが、玄人志向からLow Plofile対応TVチューナ/キャプチャカードが発売されるのはこれが初となる。もちろん通常サイズのブラケットも付属する。デコーダチップにはPhilips製“SAA7130”を搭載し、TVチューナはステレオ放送・音声多重放送に対応。インターフェイスはTVアンテナ入力、S-Video入力のみと至ってシンプル。この他“REMOTE”と書かれたミニジャックがありこれはリモコンのアンテナ用と見られるが、リモコン関連機器は一切付属していない。
 同梱ソフトはMPEG1/2対応TVキャプチャソフト「PowerVCR II」、ビデオ編集ソフト「VideoStudio6 SE+DVD」となかなか豪華なもので、タイムシフト再生、iPEGに対応。対応フォーマットはMPEG1/2、キャプチャ解像度は最大で640×480ドット。ビットレートは不明。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ