このページの本文へ

Evo Desktop D510 US

Evo Desktop D510 US

2002年09月24日 00時00分更新

文● 月刊アスキー編集部・山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Evo Desktop D510 US

コンパックコンピュータ

12万8000円

コンパックは、幅69mm、容積にして7リットルというスリムでコンパクトなケースを採用している「Evo Desktop D500 USシリーズ」に、Pentium 4モデル「D510 US」を追加した。ケースは従来からのCeleronモデルと同じもので、28dBという静音性も維持している。

マルチベイ/マルチポートで
拡張性も確保

Evo Desktop D510 US
写真1 Evo Desktop D510 USの筐体は横置き、縦置き共に可能だが、縦置き時はスタンドの装着が必須。縦置き時は空気が底面から入り背面に抜けるようになっている。USB×1ポート、マイク、ヘッドホンがフロントアクセス。
DIMENSION 4500C
写真a 容量が約11リットルの「DIMENSION 4500C」。それぞれ写真をクリックすると当該レビュー/ニュース記事に移動します。
PCV-JX(バイオJX)
写真b 容量が約13リットルの「PCV-JX(バイオJX)」。
VALUESTAR L VL550/3D
写真c 容量が約13リットル強の「VALUESTAR L VL550/3D」。

 容積が7リットルと言われてもピンとこないかもしれないが、コンパクトタイプのPCケースの容積は、目安として11~13リットルが一般的だ。これはメーカー公称値のケースサイズから計算した結果だが、デルコンピュータの「DIMENSION 4500C」が約11リットル、ソニーの「PCV-JX(バイオJX)」が約13リットル、NECの「VALUESTAR L」で13リットル強となる。こう聞けば、7リットルのコンパクトさを、だいたい想像していただけるのではないだろうか。

 この中にPentium 4-1.7GHzが搭載されているわけだが、内部を見てみるとCPUにはヒートシンクのみでCPUファンが取り付けられていない。なぜファンなしでPentium 4を駆動させることが可能かというと、D510には、市場には出回っていない0.13μmプロセスでかつTDP(熱設計電力)が35W(0.18μmのリテール品は63.5W)というPentium 4-1.7GHz(512KB L2キャッシュ)を搭載しているからだ。本体の最大消費電力も最大50Wに抑えられている。CPUファンがなく、光ドライブ類はノートPC用のもの、かつ本体電源も小型で静穏性は非常に高い。

 拡張面では、そのコンパクトさと引き替えにFDDやPCI拡張スロットは装備しないが、マルチベイ×1、マルチポート×1を備えている(写真3、4)。マルチベイには、標準構成では24倍速のCD-ROMドライブが装着されるが、DVD-ROM/CD-RW/FDD/30GBセカンドHDDなどの各種ドライブがオプションとして用意されている。
 マルチポートは本体の天面に用意されているポートで、標準時はカバーが取り付けられている。ここには、Bluetoothモジュール、または無線LANモジュールの取り付けが可能だ。10/100BASE-TXのLAN機能は標準で内蔵している。



背面
写真2 背面には、USB×4ポートと外部ディスプレイ端子、ラインイン/アウト、LANコネクタのみ。シリアルやパラレル、PS/2ポートなどは、オプションのレガシーモジュールで拡張できる。
マルチベイ マルチポート
写真3 ドライブベイはマルチ対応で、各種ドライブがオプションで用意されている。ドライブの脱着はホットプラグが可能。天面のレバーを引くとドライブがベイから外れるようになっている。写真4 天面にマルチポートを用意。写真はオプションの無線LANモジュールを装着したところ。
内部
写真5 メンテナンスがしやすいようにケースやHDDの装着がスクリューレスになっている。HDDはサイドの金具を少し開くとすっぽり抜き取ることができる。

 価格は12万8000円。また、同社のダイレクト販売DirectPlusでは、メモリやHDD容量、光ドライブなどをカスタマイズできる「Evo Desktop D510 US/CT」モデルを販売している。基本的には法人向けのマシンだが、インターネットや実用ソフトの利用がメインなら、個人ユーザーにとっても、D510 USの省スペース性や静音性、価格の値ごろ感などは、魅力的なファクタとなるだろう。
 なお、コンパックコンピュータと日本ヒューレット・パッカード合併後も、Evo Desktopシリーズは継続提供される予定だ。


Evo Desktop D510 USの主なスペック
製品名 Evo Desktop D510 US
CPU Pentium 4-1.7GHz
チップセット Intel 845GL
メモリ(最大) 128MB(PC2100対応DDR SDRAM、1GB)
ビデオチップ Intel 845GL
HDD 40GB(UltraATA/100)
FDD ――
光メディアドライブ CD-ROMドライブ(24倍速)
スロット ――
通信 10BASE-T/100BASE-TX
I/O USB 2.0×5、外部ディスプレイ、ライン入出力、ヘッドホン出力、マイク入力、マルチポート
サイズ(W×D×H) 69×325×315mm(縦置き時)
重量 約5.3kg
OS Windows XP Professional/2000 Professional デュアル(初回起動時に選択)

競合製品レビュー

Evo Desktop D500 US DIMENSION 4500C
コンパック「Evo Desktop D500 US」レビュー(from アスキー PC Explorer)デルコンピュータ「DIMENSION 4500C」レビュー(from 月刊アスキー)
DIMENSION 4500C VALUESTAR L VL550/3D
デルコンピュータ「DIMENSION 4500C」レビュー(from アスキー PC Explorer)NEC「VALUESTAR L VL550/3D」レビュー
VALUESTAR T VT900/3D hp pavilion 2450
NEC「VALUESTAR T VT900/3D」レビュー日本HP「hp pavilion 2450」レビュー
PC STATION V4160C-L5 EDiCube BB100 DVD+RWモデル
ソーテック「PC STATION V4160C-L5」レビューエプソンダイレクト「EDiCube BB100 DVD+RWモデル」レビュー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン