このページの本文へ

EDiCube BB100 DVD+RWモデル

EDiCube BB100 DVD+RWモデル

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

EDiCube BB100 DVD+RWモデル

エプソンダイレクト

14万9800円(ディスプレイなしの場合)

「EDiCubeシリーズ」は、細かいB.T.O.メニューを用意しない代わりに割安な構成が選べるのが特徴だ。今回新たに登場したAthlon/Duron搭載のコンパクトデスクトップ「EDiCube BB100」にはDVD+RWモデルも用意されている。

オリジナル映像編集ソフト
DV SymphomovieがDVD作成対応に

 EDiCube BB100シリーズは、

  • 書き込み16倍速/書き換え10倍速/読み出し40倍速(バッファアンダーランエラー防止機能付き)の「CD-RWモデル」
  • 書き込み20倍速/書き換え10倍速/CD読み出し40倍速/DVD読み出し12倍速の「コンボドライブモデル」

――そして今回紹介する「DVD+RWモデル」の3タイプが用意されている。

写真・本体内部
EDiCube BB100の内部。PCIスロットに装着できるのは長さ130mmまでのカード。発熱の大きいAthlon XPに合わせてCPUファンも大型化しており、動作中は風切りがやや気になる。

 CPUはDuron-1GHz/Athlon XP 1500+(1.33GHz)/同 1800+(1.53GHz)から選択可能で、評価機はAthlon XP 1800+を搭載している。メモリはCD-RW&コンボドライブモデルが128MB(PC133 SDRAM、最大640MBまで増設可能)なのに対し、DVD+RWドライブモデルは2倍の256MB(最大768MB)を標準搭載している。メーカーによると、3モデルともDVキャプチャ&編集ソフト「DV Symphomovie」を標準搭載しているが、中でもDVD+RWモデルはオリジナルDVD-Videoを作成するなど、クリエイティブ指向が強いので、256MBメモリを標準搭載している、という。

DV Symphomovie 4.10画面
DVD-Videoのオーサリングが可能になった「DV Symphomovie 4.10」。今回新たにタイトル部やチャプタの設定機能が追加された。なお、製品にはDVD+RWメディアは添付されずオプション扱いだが、メディア単体での購入も可能になっている。
 実際、DV Symphomovieを使って簡単なトランジションエフェクト(※1)付き動画を作り、リアルタイムプレビューしてみると、上下にパンする場面で若干もたつき(コマ落ち)が見られるものの全般的にかなり快適に操作できる。作成したムービーはDVフォーマットでDVテープに書き戻すほか、MPEG2ファイルとしてHDDに保存したりDVD+RWメディアにDVD-Videoとして書き込むことができる。CPUパワーを使ったソフトウェアレンダリングなので、Athlon 1800+をもってしてもMPEG2ファイルのレンダリングには実時間の3.5倍程度(14秒のソースで50秒前後)かかるが、DVカムコーダで撮影した数分程度の思い出の映像にテロップなどを追加してDVDプレーヤで再生できるメディアを作りたい、というホームユースでは大いに活躍する機能だ。

※1 トランジションエフェクト 場面切り替え時の視覚的効果。例えば、前の画面が上下左右のいずれかに移動しながら画面外に消え、下から次の場面が現れる「ワイプ」、だんだん薄くなって消える「フェード」など。DV Symphomovieには32種類のトランジションエフェクトが用意されており、それぞれのプレビューで効果を確認しながら選択できる。

 CPU以外のスペックは、チップセットは「Blade 3D」相当のビデオ機能を内蔵するVIA「Apollo KLE133」を採用、ビデオメモリはメインメモリから8MBを共有する。ビデオチップはDirect3Dアプリ(主にゲームなど)には正直あまり向いておらず、AGPスロットを持たないためビデオカードを買い足して機能強化を図れないのは痛いものの、ビデオ編集を主眼に置いてコストパフォーマンスを追求した仕様になっている。



写真・縦置きスタンド
EDiCube BB100には縦置き用スタンドが付属する。ちなみに、側面のEDiCubeロゴが正しく見える方向に置くと、ちょうど上に排熱ファンがくる。
 コンパクトデスクトップのため、2台目のHDDを追加できないが、その代わりに標準で80GBの大容量HDDを搭載。OSはWindows XP Home Edition(Professional Editionも選択可能)で、DV Symphomovieのほかに、プレマスタリングタイプのCD/DVD+RW対応ライティングソフト「B's Recorder GOLD」、CD/DVD+RW対応パケットライトソフト「B's CLiP」、DVD-Video再生ソフト「WinDVD」をプリインストールしている。



写真・本体前/背面
EDiCube BB100の前面および背面。DVD+RWドライブの下に、ストレージ専用のPCカードスロット(TypeII×1)を持ち、デジタルカメラなどのデータを手早く取り出せる。IEEE1394は前面が4ピン、背面が6ピンになっている。

 そのほか、前面にはデジタルカメラで撮影した画像データをすばやく読み込むための、ストレージ専用PCカードスロット(TypeII×1)やUSBポート×2、DVカムコーダなどを接続するのに便利な4ピンのIEEE1394ポートを装備。背面にもUSB×2、6ピンのIEEE1394ポート、さらに光デジタルオーディオ端子などが並ぶ。

 価格はDVD+RWモデル(モニタレス)が14万9800円、同(15インチ液晶付き)が18万9600円となる。自作ユーザーが大注目のAthlon XP&DVD+RWドライブという2大キーワードに加え、購入してすぐにDV編集を体験できるソフトがそろったEDiCube BB100 DVD+RWモデルはかなりお買い得モデルと言える。

EDiCube BB100 DVD+RWモデルの主なスペック
CPU Athlon XP 1800+
メモリ 256MB
ビデオ Apollo KLE133
HDD 80GB
DVD+RW R12倍速/RW10倍速/CD32倍速/DVD8倍速/DVD+RW2.4倍速
通信 モデム&LAN
OS Windows XP Home Edition
モニタ オプション
Officeアプリ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン