このページの本文へ

レーザーファイブとミラクル・リナックス、LPI対応教育プログラムで提携

2001年12月20日 00時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レーザーファイブ(株)とミラクル・リナックス(株)は、Linux教育部門で提携し、LPIに準拠した教育コースを2002年1月より開始することを発表した。

教育コースの運営と実施、教育システム、LPI準拠教材の提供はレーザーファイブドットネット(株)が行ない、教材となるディストリビューションに『MIRACLE LINUX』を使用する。両社は協業することで、特定のディストリビューションに依存しないLinux技術者の育成を推進するとしている。

この講座は、最終的にLPICレベル1の合格を目指すものとなっている。コースの内容および日程、価格は以下のとおり。

Introduction to Linux(Linux入門)
3日間で7万2000円
Linuxでインターネットサーバ Combo
3日間で9万円
Sambaで構築ファイルサーバ
2日間で5万8000円
PostgreSQLで顧客データベース構築
3日間で9万6000円
Linuxインターネットセキュリティ
3日間で8万8000円
LPIC認定資格習得集中講座
2日間で5万円

講座の開始は、もっとも早い「Introduction to Linux(Linux入門)」が2002年1月28日から。

レーザーファイブ(株)とレーザーファイブドットネット(株)は今後、ディストリビューションや教材、講師派遣、授業実施および教育コース運営を、Linux教育に関心のある企業や教育機関向けにOEMで供給するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ