このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

MTV1000

MTV1000

2001年06月09日 19時40分更新

文● 伊藤裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MTV1000

カノープス

4万9800円

カノープスの「MTV1000」はTV番組の視聴や録画、タイムシフト再生などをPCで実現するTVチューナカードだ。MPEG1/2対応のソフトウェアエンコーダを搭載する同社の低価格TVチューナカード「WinDVR PCI」の上位モデルという位置付けの製品で、アナログ回路のチューンとMPEG1/2対応ハードウェアエンコーダの搭載により、高い映像品質でのオーバーレイ表示&録画が可能だという。ここでは、MTV1000の詳細について紹介しよう。

録画処理をハードでサポート
MPEG2エンコーダチップを搭載

ブラケット
ブラケットにはテレビアンテナからの入力(F端子)のほか、AV入力端子としてS-Video×1、ステレオオーディオ(RCA)×2、音声出力端子としてステレオ(ミニジャック)×1を搭載している。なお、ビデオ入力にコンポジット端子を利用するには、パッケージに同梱されたS-Video-コンポジット変換コネクタを利用する。
 MTV1000のパッケージは、TVチューナユニットとビデオキャプチャユニットを搭載したインターフェイスカード(PCIカード)と、TV番組の視聴や録画を行うオリジナルソフト「MEDIACRUISE」「TV Recording Manager」などから構成され、対応OSはWindows 98 SE/Me/2000としている。
 TVチューナユニットは、TVチューナカードで一般的なPhilips製を採用、VHF1~12ch/UHF13~62ch/CATVの受信が可能だ。ステレオ/音声多重放送の受信もサポートしているので、スポーツや音楽番組の視聴に際しても不足はない。



松下製エンコードチップ「MN85560」
エンコードチップには松下製「MN85560」を搭載。これは同社のプロ向けMPEG2ハードウェアエンコーダ/デコーダカード「MVR-D2000」と同じチップだ。
 一方、ビデオキャプチャユニットは、MPEG1/2のビデオエンコード対応の松下製「MN85560」を搭載、高速なMPEG1/2への変換・出力をサポートしている。
 サポートするビデオフォーマットはMPEG1とMPEG2で、フレームサイズは720×480ドット(Standard)/352×480ドット(HalfD1)/352×240ドット(SIF)の3種類が用意されている。設定できるビデオビットレートは、

  • MPEG2-Standard:4~15Mbps(23段階)
  • MPEG2-HalfD1&SIF:2~8Mbps(13段階)
  • MPEG1-SIF:1~1.8Mbps(3段階)

――となっている。なお、MPEG2エンコードでは画面の内容に応じて圧縮率を可変にするVBR(可変ビットレート)にも対応。解像度、ビットレートともに市販のDVD-Videoタイトルに匹敵する設定が可能で、スポーツをはじめとする動きの激しい映像の記録(録画)にも十分に通用する。
 オーディオフォーマットについてはリニアPCMのほか、MPEG1オーディオ(Layer2)をソフトウェアでサポート。サンプリングレートは32/44.1/48kHzの3種類で、オーディオフォーマットにMPEG1オーディオを指定した場合のオーディオビットレートは128~384kbpsの7段階から選択が可能だ。

ガスケット
付属品の一部。左にあるのが「ガスケット」。PCIカードのブラケット部にとりつけるアダプタで、ノイズ混入防止に効果がある。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン