このページの本文へ

NTTドコモ、FOMAモニター端末を500台追加――ビジュアルタイプの受け渡しは1ヵ月遅れ

2001年05月25日 22時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは25日、“FOMA試験サービス”のモニター端末の提供台数を当初の予定より500台増やして4500台にしたと発表した。併せて、ビジュアルタイプの提供が6月末までに遅れることを発表した。

これにより、機種別の内訳は、スタンダードタイプが1400台、ビジュアルタイプが1200台、データタイプが1900台となる。また、ビジュアルタイプの提供の遅れについては、ソフトウェアの再調整が必要になったためとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン