このページの本文へ

NTTドコモ、FOMAモニター端末ビジュアルタイプの提供を開始

2001年06月21日 20時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは21日、次世代移動通信サービス“FOMA試験サービス”のモニター端末のうち、ビジュアルタイプ『P2101V』の受け渡しを、25~30日に実施すると発表した。個人用700台と法人用500台の計1200台を用意する。 受け渡し場所は、NTTドコモの支店窓口(虎ノ門店、丸の内店、新宿店、上野店、池袋店、渋谷店、神奈川店)。

FOMA試験サービスは、5月30日に開始しており、スタンダードタイプとデータタイプの受け渡しはすでに終了している。ビジュアルタイプについては、端末ソフトウェアの再調整などのため、今月末までに提供する予定となっていた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン